未来歯科 | スタッフ
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
15723
page,page-id-15723,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

スタッフ

OUR TEAM

イラスト似顔絵.001

マルケン体操考案者

かわべ先生

歯科医師「姿勢オタク」

1953年、愛知県生まれ。歯科医師としてのキャリアをスタートさせるが、かみ合わせ治療や顎関節治療において歯を削ることや抜くことに疑問を感じ、どうして歯が悪くなっていくのか研究を開始。自身の交通事故による顎関節症が既存の医療では治らないことから、整体に通ううちに姿勢に着目。その後、数々の試行錯誤の末、1日たったの5分、体を丸めて姿勢を正す「身長伸ばし体操」や、歯を叩くだけで噛み合わせや歯並びを良くする「マルケン体操」を考案する。口腔内にとどまらず、全身疾患の根本的原因を捉え、解決を図る為に歯科医院向けセミナー(姿勢咬合セミナー)を積極的に行っている。足からの姿勢アプローチを行っている湯浅慶朗先生のことを知り、2017年1月より正式に未来歯科の顧問として湯浅慶朗先生を迎え入れた。現在では、ひろのばメソッドを姿勢咬合に融合させ、歯科治療にも取り入れている。

Born in Aichi prefecture in 1953. I started my career as a dentist, but I began to study how tooth worsens as I feel doubt about cutting and pulling teeth in interlocking treatment and temporomandibular joint treatment. Temporomandibular disorder due to own traffic accident can not be cured by existing medical treatment, so focus attention on posture while going through the body. After that, after a lot of trial and error, we devise a “stretch exercise gym” that corrects posture by rolling the body for only 5 minutes a day, and “Marcen gymnastics” which improves engagement and alignment of teeth just by hitting teeth. In order to capture the root cause of systemic diseases and to solve it, we are positively conducting seminars (posture occlusion seminars) for dental clinics. I learned Professor Keiro Yuasa who is doing posture approach from foot and formally welcomed Mr. Yoshiro Yuasa as adviser of future dentistry from January 2017. Today, we integrate the Hiroba method into posture occlusion and also incorporate it into dental treatment.

イラスト似顔絵.002

チュウちゃん

歯科衛生士:バレリーナ
イラスト似顔絵.003

マキちゃん

歯科衛生士:美食研究家
イラスト似顔絵.005

チナちゃん

歯科衛生士:芸術家
イラスト似顔絵.004

ハルちゃん

トレーナー:ゲーマー