未来歯科 | かわべ式オープンハート姿勢 【痛みを極端に軽減させる姿勢】
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
4191
single,single-post,postid-4191,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

かわべ式オープンハート姿勢 【痛みを極端に軽減させる姿勢】

かわべ式オープンハート姿勢 【痛みを極端に軽減させる姿勢】

すでに25年以上診療に使っているオープンハート姿勢
手のひらを広げ、胸郭を広げるようにする
子どもたちは、この姿勢
大人は、手の指先をしっかり上に上げて
肩甲骨を上げて、5秒くらいそして横に手のひらを広げ
指先を伸ばし肩甲骨を閉じる様に5秒
そして肘を曲げて、下腹部に手のひらを重ねないように乗せる
そして口をしっかり大きく二回ほど開ける
この手の位置だと口を開くのがすごく楽です  。。。これもかわべ式姿勢
これだけで肩こりも楽々、肩こりって姿勢が悪くって
身体の動きが悪いから起こるんですよね。
この動作を二度繰り返し
次に目線をしっかり上方に上げて
額にシワが寄るようなら、
かわべ式の咬合テープ、額だけを上げるテープでシワ伸ばし
して、目線を上げる練習
まバタは気が早いと、ドライアイになるので
瞬きの調整
少なくとも目一杯上を向いて、10秒から30秒に一回の軽い瞬きになるように
何度も練習

では、本番、姿勢を良くして、
目線をしっかり上に
そして大きく口を開けましょう

 

 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.