未来歯科 | 歯並びを悪くする筋肉の成長の不全は、小帯にも現れています
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
4535
single,single-post,postid-4535,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

歯並びを悪くする筋肉の成長の不全は、小帯にも現れています

歯並びを悪くする筋肉の成長の不全は、小帯にも現れています

姿勢咬合では、歯科医師にも衛生士にも知ってもらいたいことを
体験、トレーニングする

子どもたちが、トレーニングできないのもわかる
これだけのMFTですが。。
実際には、歯科医師も歯科衛生士にもできない人も多い
というよりも、行っていないから。。
だから、全員にできるようにさせるのが
姿勢咬合。。。

通常のMFTのトレーングでは、
全員は無理。。。
でも、Dynamic-G MFT では、重力使って
させてしまう。。親子で、
するからできる・ではるからする・・
できるまで、頑張ってもらう、、
方法を変えながら。。

中心小帯と言われる
舌小帯、上唇小帯は、体の真ん中を意味するもの
この真中がしっかり機能しなければ

呼吸と嚥下はうまくできない。。

少なくとも、呼吸と嚥下は、しっかりできるようになってから
口腔わ綺麗にする習慣ができてから、
口腔内のすべての治療はすべきです。

逆に言えば、管理できない口の中は治療をしないこと。。です、

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.