未来歯科 | 姿勢病 唇が開いて、舌が下に来る、呼吸と飲み込みの異常
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
4678
single,single-post,postid-4678,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

姿勢病 唇が開いて、舌が下に来る、呼吸と飲み込みの異常

姿勢病 唇が開いて、舌が下に来る、呼吸と飲み込みの異常

姿勢病
は、姿勢によって起こる病気というよりも
舌ポジションの異常の繰り返しによって起こる
未来の命に関わる病気に関係する
呼吸と飲み込みの異常
病気の姿勢を作り出す態度、表情を言います。
病気の姿勢。。
体の筋肉は、
姿勢を作り上げる反射システムの中に存在します。
何かを行動するには
姿勢反射という反射機能を使いますが
問題は、反射という無意識下の機能が働きにくい場合があります、
それは、体の体表の皮膚のリンク、筋肉のリンク、骨格のリンクというメカニズムで
一つの場所が反射をおこなさないようになってしまうダメージを受けると
関連するすべての皮膚、筋肉、骨格が姿勢反射で起こさせる
形を作らない様になるのです。
つまり悪い姿勢をとることによって、
良い姿勢を行おうとすると、
呼吸と、嚥下の反射機能の問題を生ずるようになるのです。
歯並びが悪くなるのも
怒りやすくなったり、
やる気が無くなってしまうのも
姿勢病の一つです。
No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.