未来歯科 | 親の態度で、生後6ヶ月の子どもたちは、なんか国語でも話せる能力を持っている
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
4896
single,single-post,postid-4896,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

親の態度で、生後6ヶ月の子どもたちは、なんか国語でも話せる能力を持っている

親の態度で、生後6ヶ月の子どもたちは、なんか国語でも話せる能力を持っている

言葉は、音声で見分けているのではなく
口元と表情で70以上の筋肉を
たくみに動かして
言葉を作り上げている

生後6ヶ月から
子どもたちは
親は当然ながら
周りの人々の身体の動き
姿勢を真似して
自分を創りだそうとしている

言語も
3歳児になると
数カ国語の言語を話す
日本人以外の人と結婚した人たちからの
子どもたちは、育てられる人々
接する人々の
顔の表情
姿勢
等その影響が大きい

そして自我を形成する
核家族化して
他の人々に接して
抱かれることが早期の
子どもたちの成長には大きく響く

引きこもりは
能力の喪失という病気に過ぎない
多くの人びととのコミュニケーション不足の
子どもたちからは、

小学校に上がるときには
判断力の無い
前頭葉前野部の異常を68%の子どもたちに生じていると
ニュース番組で放送されていた

親の姿勢は
子どもたちの教育だけでなく
未来にも大きな影響を与える
セルフイメージを作り上げている

ゼロ歳児からの親子の姿勢の教育は
子どもたちの顔つくりだけでなく
態度、姿勢を決めていく

小学校からの子どもたちの
9割近くが姿勢が悪く
様々な問題を抱えている
そしてその子どもたちのほぼ100%は
歯並びに問題が出ている

ゼロ歳からの姿勢咬合

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.