未来歯科 | 座る姿勢は、内蔵の位置(姿勢)で決まります。
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
5118
single,single-post,postid-5118,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

座る姿勢は、内蔵の位置(姿勢)で決まります。

座る姿勢は、内蔵の位置(姿勢)で決まります。

排便姿勢が、できない子どもたちが増えていますが
この排便姿勢ができない人々が
寝たきり老人です。

そして、中高生になると
ほとんどの子どもたちが
椅子の座る骨盤の姿勢を知らないために

排便不能
つまり便秘、下痢症の
内臓の形を作ってしまう
これが、内蔵下垂の状態

座り方を教えるだけで
腰痛は、日常から無くなり
呼吸も楽になり

次に作業姿勢の様に
勉強、パソコンなどの電子機器わ扱う姿勢を指導する
皆さん、腰痛だけでなく、瞬時に噛みあわせが変わることがわかる。

スクリーンショット 2016-06-04 11.34.26日本人の姿勢って。。すごかった

日本人って。。。本当にすごかった
現代人は靴を履いて、椅子に座ることで
こんなに前方に上体を向けて生活していた人々が

後方に重心がいくために
顎を上げて
椅子にどかっと背もたれに持たれるようになった
それも体をグニャッと曲げて。。

内臓が圧迫されて
排便不能
呼吸がしにくい。。。

どこに行ったのか150年前の日本人の氣質の結果の姿勢

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.