未来歯科 | 笑うことと、笑い続けることとは大きく違う トレーニング
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
5428
single,single-post,postid-5428,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

笑うことと、笑い続けることとは大きく違う トレーニング

笑うことと、笑い続けることとは大きく違う トレーニング

2013年の今日の
かわべ歯科のブログから、

姿勢咬合セミナーでは
大きく口を開いて3分間
笑い続けることをしてもらいます。

最初は顎が痛くなり、それから
こめかみが痛くなり
後頭部が痛くなる
表情筋が
後頭部まで及んでいることを体験してもらいます。
手を上げながら、身体を揺らせながら
笑い続けます。

こんな事で、ほとんどの方は
肩も楽になり、目も鼻も楽になり
呼吸もしばらく経つと楽になります。
3分出来ない方は一分位から
一日3分を目指してください。

そしてその後で
口角を上げながら目で三分間笑い続けてもらいます。
身体をゆっくりと動かして
体調を整えます。
3分、3回で歩く以外の
一日の運動がまかなえます。
息を履き続けるトレーニングの一つです。
家の中で行います。

そんな姿勢咬合のセミナーでの風景です。

—————————————————————-

笑えない子どもたちは、赤ちゃんの時に泣くのが仕事なのに
その仕事を止められた子どもたち

笑顔が作れない。。。
【未来歯科 かわべ歯科 http://kawabeshika.com/
通信 姿勢咬合 269】

心から笑うって。。大変な労働です

笑顔が作れないと
人間関係、社会性が低いと言われます。

笑顔を作れる姿勢があります
この笑顔を作る姿勢が、心の病気など多くの病気を予防できる姿勢です

姿勢咬合では、笑顔を作り続けることの大変さ、
大切さを体感し、咬み合わせの変化を見て頂きます。

子どもたちに大きな異変が起こっていることを
様々な文献からも、現状からも説明し

なぜ、という疑問に答えています。

咬み合わせが笑顔でよくなってしまうという
体験をしてもらいます。

多くの方は笑いを科学していない

笑顔が作れなくなっている原因が始まるのが
生後3ヶ月くらいからです

最近の子供さん、笑えない、歩き方が変だ
何か心が荒んでいる・・・

生後3ヶ月から・・・その原因が
始まっているのです。

そしてその問題が、発症するのが、10歳くらいからなのです。
歯並び、発音などに大きく関係してくるのです

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.