未来歯科 | 予防歯科
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
81
archive,paged,category,category-81,paged-10,category-paged-10,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

予防歯科

姿勢咬合セミナーは、今月で、東京セミナーが、 今年の三回目になります。 6月から、8月までが 大阪での姿勢咬合セミナーですが 満席です。 11月から始まる 福岡のセミナーは、これからの申込受付ですが すでに昨年のセミナー受講の先生方からも 再受講の申し込みが数件あります。 九州方面の先生方は ぜひ、この機会に姿勢咬合セミナー受講してみてください。 臨床での問題を持ちかけてみもらうと その問題に対しての回答をその場で 出せる唯一のセミナーが姿勢咬合です。 今回も、 MRCシステムに興味はあるが セミナー出ても どうも導入できないという先生も ぜひ、一度受講してみてください きっと、その問題点も解決できることと思います。 ぜひ、このセミナーには 先生方の日頃の臨床での問題を 投げかけてみてください。 ...

目が大きくなる という手法を伝授いたしました。。ら。。 ブログで、載せてくださいました。 嬉しいですね。 かわべ式の 目を大きくするセラピストが、誕生いたしました。 下記をクリックしてプログに飛んでください。 http://ameblo.jp/machietakeda/entry-12142682014.html...

たった、数分後には、どんどん良くなり始める トレーニング法 それがDynamicG 今までのMFTと違い その場からDynamicに状態が変わる だから続けることができる。。 表情筋、口輪筋の特性というよりも 皮膚、リンパも同時に扱っていく。。 口元を綺麗にするのに 座り方、歩き方、立ち方わ変えるだけ 様々なテープの貼り方で、15分 トレーニングは数分 口腔内の触れ方で 表情は一気に変わり始める 未来歯科の初診には ドラマがある...

歯並びに問題を起こす 呼吸と舌の問題の 原因である 乳児嚥下は この赤ちゃんの間違ったお母さんの おっぱいをあげる姿勢から 始まっている 舌癖は、生まれてすぐに存在するのではなく 親の抱き方、 寝かせ方の姿勢が 大きく関係する そして何よりも、 30歳以上の高齢出産では 子供の細胞の全ては卵子から作られ 遺伝子だけが精子から作られるという 事実から考えれば、、 高齢出産では 卵子が弱っている 母胎内にいる時の姿勢から始まり 出産も楽になる姿勢を知り 生後すぐからの 成長を追う 予防歯科医療は 呼吸、嚥下という姿勢から始まる 歯並びは健康そのものを表している 今の時代 フラッター博士も言われるように 歯並びの悪くなるのは 今の時代は、 トレーニングをしなければ ほぼ 100%に問題が起こる。。 日本中全ての国民に 予防を義務化して 少なくとも現時点では 一ヶ月に一度は 歯科医院で、最低一時間の トレーニングと、クリーニングは受けて欲しい...

こんなに簡単に しかも。。。 今まで様々な美容 受けたのに。。 こんなに目がはっきりと。。 しかも、、噛むのも楽 顔も、ちっちゃくなったみたい。。 未来歯科の初診では、悩んでいることに対して こんな体験もしてもらいます。 自分で毎日できること。。 そして、未来歯科で サポートさせていただくこと。。 こんな意味では 未来歯科は タイムマシーンであって。。 しかも口腔も綺麗になる。。 エステサロン。。...

子供成長矯正では、 Dynamic-Gという 未来歯科独自のトレーニングがあります、 口テープをして、トランポリン バランスボール そして、目のトレーニング 耳のトレーニング もちろん、マイオブレイズ、トレーナー、拡大装置などを入れていても 呼吸と嚥下のトレーニングとともに 日常に必要な 立つ、座る、歩く、そして その姿勢を反映する寝るという トレーニングまで 口元を大きく動かし体も動かす方法と その後に 安静で全身の様々な場所を 動かしたり 全身が楽になる良い姿勢をとったりします。 こんなことが 歯を動かす矯正力よりも大きな 口腔内、口腔周囲筋を鍛えることで 舌、口唇の、口呼吸と嚥下の異常の癖を 新しい良い姿勢という癖に変えていくのです。 どうして未来歯科に みんな来るのがこんなに楽しいかというと。。 しっかり、デキなかったら叱られ 何度も行うことで、できるを育てて行くこと 親子で一緒にトレーニングが多いから お母さんたちも元気に綺麗になっていくこと。。 通常は、MRCでも子供さんだけですが 家庭で見てくれるのはお母さんたち。。 家族全員で 呼吸と嚥下のトレーニングを行うことも多いのです。 未来歯科流は 家族全員元気    ...

生後三ヶ月までの親の抱き方 寝かせ方で、頭の形状は決まってきます この生後三ヶ月までの親の姿勢 そして子供さんの姿勢が 頭の形状を決めてしまうのですが 従来の枕でも ドーナツ枕とか、頚椎枕では どうしても頭の形状と呼吸、嚥下が楽になることは無かったのです 歯科医の私が考えた 足の触れ方、 抱き方、 枕の作りの方 などは。。 もう20年以上の 経験と実績に基づいたものです 大人では、 無呼吸 いびきだけではなく 手のしびれ 頚腕症候群 などがその日から改善されるという ことが言われるようになったのですが 実は 顎関節症の治療法としての夜の噛み合わせと 呼吸と嚥下に関わるのです 当然ながら 赤ちゃんでは 抱き方のトレーニングとともに 泣き方、笑い方なども含めて 枕が効果を発揮します 頭の形。。 吸引分娩で生まれた子供たちがタオルの当て方だけで 頭の形がひょうたん型から、通常の形に数日で治ってしまうという 事実はおわかりだと思います。 どうしてフワフワタオルが良いのか。。 そんな意味も含めて 未来歯科でも、姿勢咬合セミナーでも 睡眠力セミナーでも 皆様に枕の形状で瞬時にかみ合わせも、呼吸も嚥下も変わることなども 体験してもらっています。...

姿勢咬合セミナー名物 身長伸ばしダイエット 全員が その場で背中のお肉がすっきり 身長が伸びることを確認 本来の身長に戻す 本当のアンチエイジング方法 年をとると身長が縮まる。。。 これは内臓下垂によって大きくおこる 子どもたちの脊柱湾曲症の原因と同じ 呼吸、嚥下、消化、排泄のメカニズムの異常 こんな事を家族全員で行うだけで 家族は幸せになれる 人生において姿勢は 最も大事 仕事も態度で決まるし 採用は最も大きな問題は姿勢と態度。。。 姿勢の良い不良は居ない。。。 姿勢ってすごいですね。 ...

姿勢咬合では、歯科医師にも衛生士にも知ってもらいたいことを 体験、トレーニングする 子どもたちが、トレーニングできないのもわかる これだけのMFTですが。。 実際には、歯科医師も歯科衛生士にもできない人も多い というよりも、行っていないから。。 だから、全員にできるようにさせるのが 姿勢咬合。。。 通常のMFTのトレーングでは、 全員は無理。。。 でも、Dynamic-G MFT では、重力使って させてしまう。。親子で、 するからできる・ではるからする・・ できるまで、頑張ってもらう、、 方法を変えながら。。 中心小帯と言われる 舌小帯、上唇小帯は、体の真ん中を意味するもの この真中がしっかり機能しなければ 呼吸と嚥下はうまくできない。。 少なくとも、呼吸と嚥下は、しっかりできるようになってから 口腔わ綺麗にする習慣ができてから、 口腔内のすべての治療はすべきです。 逆に言えば、管理できない口の中は治療をしないこと。。です、...

そのばで数センチ誰が行っても身長が伸びる というよりも姿勢が悪くなっていたことがわかる 背中のお肉が綺麗になる 呼吸が楽になる 奥歯が噛み締めなくなる・・ 全員が、そんな方法を学び実行する 身長伸ばしは、20年以上前から続く 脊柱湾曲に対しての唯一の方法 丸めて、笑って、丸めて伸びて 最初、背中の高さが違っていたのが その場から笑って呑気を出してしまうと 良くなっていく 毎日親子で行うことで 8歳までに装具を入れていない子供たちは、 手術しなければならなかった子どもたちも救われる 親子の愛情で子どもたちは育つ 愛情とは、成長させること 自立をさせ成長をさせること。。 姿勢咬合では、様々なドラマがある・・ 噛み合わせという一つの問題に対して 呼吸、発音、食べ物、食べ方、姿勢、動き、考え方、概念、家族の協力、そして社会 噛み合わせを生活習慣病として 社会が作り上げた病気として そして個人の成長として 噛みあわせを診ていくという 診断方法が正しいのに その大きな問題は時間と対価が無いから 置き去りにされて 虫歯、歯周病、・・と治療に明け暮れてきた その結果 生活習慣病、社会病が生まれてしまった 口腔を診るのに 姿勢を診る どうして、背中にお肉が着くのか どうして姿勢が悪いのか どうして奥歯が当たるのか どうして、視力が低下するのか どうして、鼻が詰まるのか そんな、問題に噛合せは大きく関わっているのに 歯科医療は、歯の調整、歯の矯正ばかりをしてきた。。。 その問題を解決していく姿勢咬合のあり方は 今では、30年の時間を経て、ようやく 認められるようになったきた 25年前に足と、姿勢と咬合の関係を説いた時には 時代がまだ全然追いついてこなかった 30年前 発音と咬合の関係を説いた時には 全然早かった。。。 今ようやく時代がついてきた。。...