未来歯科 | 予防歯科
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
81
archive,paged,category,category-81,paged-11,category-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

予防歯科

離乳食という概念よりも捕食姿勢が優先 人間以外の動物では離乳食は無い 食べに行くという動作を教える 授乳でも、下唇におっぱいの先が触れると 食いつきに行くという動作をとるのが、このいわゆる 離乳食の時期。。 歯の生え方によって食べ物が決まるのに。。 何で何ヶ月とか決めてしまうのか この時期の赤ちゃんは、 成長がそれぞれの環境によって大きく違う もちろん母体内の環境 つまり母親の姿勢によっても大きく変わる 子どもたちの成長を 顔、態度、 泣き方、体の動かし方で 診ていくのが この時期の予防のあり方 つまり呼吸と嚥下が ちゃんとできて 成長しているのかが問題。。。 育児書よりも、ゼロ歳児からの歯科医院への通い方を 家族で話し合ってみよう。。 大人たちが、ほとんどが歯周病 そして、生活習慣病のこの時代 ゼロ歳児からの予防は未来の生活習慣病の根底的な治療法になる ゼロ歳からの予防は、 やはり時間がかかる でもその未来への対価は大きい https://www.youtube.com/watch?v=I4V-j3smU1Q...

あまりにも知られていないこと・・ 永久歯の前歯は、すでに母胎内で出来始めています。 そして、ゼロヶ月から、永久歯の歯胚という 種のような存在が、徐々にでき始めているのです。 そして、四歳から四歳半で 親知らずを覗いた殆どの永久歯の歯胚はできているのです。 つまり三歳くらいになったら。。 顎はどんどん成長して 四歳半から、六歳の間で 永久歯の前歯が生えそろう 顎の大きさが完成するのです。 だから、四歳半になったら、 上下の前歯がすきっ歯になり始めているはずです。 六歳になったら、 前歯に乳歯の前歯二本分くらいの余裕がある すきっ歯になるのが、 正常です。 ですから、四歳半で 中顔面と言われる 口の発育、鼻、目、そして、顔の発育 脊柱の発育、股関節の発育はほとんど方向性が見られます。 口腔が正常に発育しているのなら 四歳から四歳半で かなりのすきっ歯になっているはずです。 現代人は、この時期のすきっ歯が ほとんど無いので 殆どの子供さんはというよりも 四歳くらいで中顔面の発育に気がつかない場合には 多くの問題を 六歳くらいから抱えることになります。 その問題が乳歯が抜けても永久歯が 数年生えないという 7歳くらいから、8歳くらいの子供さんが多くなっているのも 成長させるだけの 機能を作り上げていないということになります、 呼吸と嚥下のトレーニングは ゼロ歳から始めるべきです。 そして、親も一緒にトレーニングを受けるべきです。...

素晴らしい笑顔 みんな笑い方知らないだけ。。 命をかけた3分間の笑顔トレーニング 姿勢咬合では、最高の笑顔が最高のトレーニングだと 最初から教えていきます。 冷え性が治った 花粉症が無くなった 頭痛も肩こりも無くなったと。。。 当然なことながら 呼吸のトレーニングの最初がこの笑顔 3分間、大きな口を開けて きゃりーぱみゅぱみゅの音楽で くすぐり合いながら笑い続ける。。 顎が痛くなり、側頭筋が痛くなり、後頭部が痛くなる そして終わってからも、しばらくボッーとしたり、 貧血になったりする。。。 手が上がりにくくなった人も 腰の痛みも。。。 冷え性もこんな事で良くなってしまう。。。 そして何より、呼吸のトレーニングだから 息を吐く。。。あたりまえたけど。 笑わせることは息を吐く。。 腹を抱えて笑わせる。。 できれば毎日、 数日に一回は 3分間、大きく口を開けて、 大きな声で、頭の後ろが痛くなるほど笑ってみよう 【姿勢咬合で教えている笑い方は、子供なら簡単】 どんな病気も 呼吸と、嚥下 笑い続けることで。。 どんどん良くなる。。。 ストレスを乗り越えることが 意識レベルわ上げるということ そして 生きるということ・・・ そんな勉強を姿勢咬合では していただきます。 こんな笑うことのトレーニングだけで みんな歯科衛生士の方は セミナーができてしまうんですよ。...

姿勢咬合セミナー 歯科医師と歯科衛生士のセミナー 二日間が終了いたしました。 東京セミナーも残すところ、あと、4月の二日間です。 皆様、素晴らしい成長です こんなに体と姿勢、そして噛合せと歯並びが 大きく関係していることを体験し 呼吸と嚥下のトレーニングを歯並びの矯正に活かしていく セミナーです。 全員が、小児期の脊柱湾曲症の子供に対しての 親子の毎日のトレーニングを体験してもらいました。 その場で数センチ身長が伸びて、呼吸が楽になる 毎日の、生活での姿勢の問題を解決する一つの方法 毎日行うことで効果が期待できる 歯並びの矯正には 絶対に必要なトレーニング法 [caption id="attachment_4489" align="alignnone" width="300"] OLYMPUS DIGI[/caption] 全員が、自分で小顔に数秒後には、なってしまう 口腔内マッサージ。。 自分で行っても、口角がすぐに上がっていく。。 など。。。矯正に役立つトレーニングは、呼吸、飲み込み、消化、排泄のメカニズムだから 全ては顎関節症、アンチエイジングにも、つながってしまう。。 [caption id="attachment_4490" align="alignnone" width="300"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]...

【食らう】ということを 教えてあげる・・ 食いにいく。。これが捕食 前歯が生えているのに 食べに行かない。。。 何で。。。 泣いていないから。。。 えーっ。ずっと泣いていますよ。家でも おっぱい飲むか、泣いているか。。24時間ずっと・・・ 夜も眠れませんと。。。 マンションだから、隣から苦情 だから、おっぱい与えると泣き止む。。 まだ、8ヶ月。。 丸めるように脊柱を伸ばすように抱くと。。 体を反って泣き始める 背中を丸めるのが反る 背中を伸ばすのが丸める。。 当たり前ですが、 老人が前に曲がっていると勘違いしている。。 脊柱から考えると老人は、後ろ重心だから 顎を前にだしてく、骨盤の方向は後ろで、上体は前にというのが 老人 子どもたちも反って泣くのは 気道確保。。。 良い姿勢になると 気道が狭くなってしまう・・ だから苦しい。。。 引きつけは。。過換気症候群 体を反らしている。。。 お母さんたちと一緒に 呼吸を整えていく・・ 体を反って。。泣く お腹が張っている つまり怒っている。。 引きつけは過換気で歯科も怒っている。。。 という反射で逆式嚥下と逆式呼吸。。 お母さんと、、一緒に体を丸めて この症状を話して 一緒に抱く、そして睡眠力枕に寝かせる。。 繰り返す。。 お腹が減っこんだら おっぱい。。。 子どもと親の二時間半の格闘 泣くことをしっかり泣いてもらう。。 すると。。。 捕食の姿勢に入ることができる 綿棒で、下唇を軽く触れると、 上体を前に移動し始めて 食べようとする。。。 お母さんびっくり。。。 綿棒を食べに行く。。。 捕食の反射 この時期に食として、餌として、栄養素として与えるのではなく 食らうという動作をつくり上げることが最も大きな目的。。 この時に離乳としてペーストのものを与える親たちからは 捕食はできない、、、スプーンで与えるのではなく でかいものを食べに行く姿勢。。 食べるというよりも 食らう。。 この時期の姿勢の教育は。。 食らうという 捕食のパターンを体で覚えさせること。。 二時間半の葛藤が この子供さんを元気にし 呼吸を教えることができた。。 この時期にしかできないこと。。 帰りがけには、 タッチ。。最高の笑顔で 帰っていく子どもとお母さん。。 そして私の友人でもある爺ちゃん。。 成長は、その時期がある 発育には、成長に合わせた教育がある・・ 歯牙年齢で教える 歯科医院でないと指導できない 人生の成長のための教育は。。これから始まるのです。...

未来歯科の衛生士 佐久山。。 2000年のスウェーデン イエテボリ大学のリンデ教授とのツーショット 世界のリンデと・・ 今から、16年前・・・ 今日姿勢咬合セミナーの 佐久山の話は、ここから始まっています。 かわべ歯科から、始まり、 今や未来歯科の 骨子の一つとなる歯周病の予防。。 今未来歯科では 顕微鏡診断、姿勢診断、反射の診断 そして呼吸と嚥下機能の診断 顔の成長、体の成長との相違 など、総合的に 今の態度を診ていきます。 えー。。。態度。。 と言われそうですが。。 そう、態度、姿勢が診断の全てです。 親と子の態度。。 これが人生の全てだと この国は教えられていない。。 なぜ、うまくいかないのか。。 自分の態度が相手に合わないだけです。。 つまり相手との呼吸があっていない。。。 この態度作りが、今や超最先端の 医療のあり方だと。。知っていましたか。。 当時のスウェーデンは、 国の態度を決めていたのです。 日本が良くなるのは日本という国家の態度です 不平不満の態度ではなく 日本に住んでいてよかった 日本は最高の国だ 日本の文化は最高の笑顔だ。。 そして笑顔の態度だと。。。 口腔の管理は、 人生の態度作りだと。。 人生を良くするには、 態度が良い顔作り 体つくりは態度の良い姿勢作り・・ 口腔は宇宙です。 未来歯科口腔宇宙局とでも・・言いましょうか。...

三歳までは、親の教育 未来歯科では。。 いつもドラマが有ります・・ 唇ずっとポカンとしていた子供さん もうすぐ三歳。。 ずっと泣いていた。。 他の子供達が 一歳半の子どもたちが元気に動く姿に圧倒 一歳半の子供ができることが出来なかった。。 辛いのか。。。ずっと泣いていた。。 でも、お母さん、お父さん頑張った。。 できる。。できる 出来た。。 わあぅ〜 出来たぁーーーー 三時間。。 子供の成長にこの時間は短い。。 でも人生で最高に長い一分一秒 成長する。その場で成長する親も 山も谷もある人生。。 でも一歩が始まった もう出来ないってセルフイメージは親から消えた 一緒に、、親も成長する。。 こんな親子って本当に綺麗だ。。 スタッフも私も 毎日感動。。感謝 子供の成長は こんな人生の一時から 始まる・・ 今日もありがとう。。。...

久しぶりの シークレットな手相のセミナー フェイスブックだけで募集したのですが・・ すぐに定員になってしまいました。 手相の意味を知り 健康、お金、愛情、そして絶対的な時間の質を変える 自分を知らないのが自分。。 それすら知らない。。 子どもたちの、予防、成長を診ていくのに 手の成長は大きいのです。 手の使い方が間違っているために 今の子供さん10歳くらいで出来上がる成長を確認できる 手根骨が、うまくできない。。 そんな子供さんも出てきている 足の小指の骨がうまくできない 子供さんもいるくらいなんです 自己啓発セミナーに出ても。。どうして・・ っと、手を見ると。。。 なるほどと理解できる 体と心の使い方で 手の中の文字が変わってくる 手の中の図形が変わってくる 手相の見方を占いとか、 開運とかのイメージではなく 真剣に自分の未来を創る人のために基本セミナー 夢の実現は、 時間の質の成長です。 ...

睡眠力。。もうご存知の方も多くなっています その中の睡眠力セミナーは三回で一つの流れになっていますが 二回目に行う、かわべ式背中のばし・・ 以前は、身長伸ばしダイエットという本に 出させていただいた方法ですが 本では一人で行う様になっていますが これは本の都合で書かれていますが 実際には親子で行っていただく 二人で行っていただく 脊柱、呼吸に対しての姿勢のトレーニングです。 ですから、すぐに皆様身長が伸びたことを 確認できますが。。 脊柱のS字カーブの内側に内蔵があるのですから 内臓の周りの筋肉 つまり呼吸と嚥下に関する筋肉の 機能の回復なのです、 睡眠力セミナーでは 二回目にこの方法を指導することは 寝る姿勢が、この問題と大きく関わっているからです。 今回は、鼻が通りやすくする。。 つまり花粉症の時期ですので しっかり覚えていただき 鼻で呼吸が楽になることを確認していただきたいのです。 毎日、姿勢の悪さで 体が曲がってくるのを 毎日ちょっと直していただく ことで、体調が良くなるのですから。。 歯並びにも大きく関わる 脊柱の問題は 花粉症とも大きく関わっています。    ...

どうして、唇ポカンなのか・・ でも一歳半 抱き方 お祖母様に教えたら。。 ちゃんと口。。。閉じてるーーー〜〜 そして、ルピナス吹かせたら。。。 出来てしまう。。。レベル0ですが・・ ブクブク。。。出来てしまう。。。 スゴイ・・ 子どもたちは、唇ポカンの原因は 親の唇ポカンしてしまう という癖を 作ってしまう姿勢です。 この姿勢を子供に対しては、 親がセルフイメージを植え付けてしまうといいます。 子供の成長を知ることは 子どもたちと家族の未来を育てるのです。 歯科医院は、ずっとずっと通って 家族の絆として 通って頂くことが人生にとって最も大きな未来への財産です。...