未来歯科 | 予防歯科
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
81
archive,paged,category,category-81,paged-13,category-paged-13,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

予防歯科

歯並びの成長は 中顔面の成長 つまり、目、鼻、口で構成されるパーツの 発育です。 逆に老化はその中顔面が垂れる事によって 顔に大きく変化をきたします。   下記のURLを クリックするとその画面になります、 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2015/12/1201.html...

腰痛は怖くない 毎日ちょっとだけ。。。 歯並びの成長にも ゼロ歳からの毎日ちょっとだけ。。 ってことが、1年行うだけで。。 すっごい効果。。 腰痛も ダイエットも 歯並びも この考え方では同じ。。 毎日少しずつ 生活習慣に 良い習慣をくせにする 大事ですね。 URLクリックすると 体操の画面に移行します。 http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/m06.html...

身長伸ばしダイエット。。 私の本ですが。。   内容は、本来は親子で行う 犬歯が生える10歳までに行う脊柱湾曲症のトレーニングです   8歳位で脊柱湾曲性がわかれば 姿勢の問題と、歯並びの子供成長矯正のトレーナー そして、呼吸と嚥下のトレーニングとともに行うと   8歳くらいまでなら、多くの子供さんたちは、 手術無しで、2週間程度で良くなっていきます。   親子でのトレーニングすっごく大切です。   子供成長矯正でどうしてお母さんたちも、 予防に通うようになり 親子ともども健康を勝ち取る最高の 笑顔が作れるって分かって頂けるんです。   何よりも子供成長矯正は、親子で矯正を楽しむというシステムですから 未来に大きな投資になりますね。   他にもこの本には、様々なことが書かれています。 ちょっとニュアンスは違いますが。。 項目は、今でもかわっていません。   http://www.amazon.co.jp/1%E6%97%A55%E5%88%86%E3%80%8C%E8%BA%AB%E9%95%B7%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%8D-%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%8E%E5%87%BA%E7%89%88%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%B7%9D%E9%82%89%E7%A0%94%E6%AC%A1/dp/483766119X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1455430306&sr=8-1&keywords=%E8%BA%AB%E9%95%B7%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88...

何年も、何年も悩み続けたアトピー 問題は睡眠力にもありました 夜の呼吸と、自然嚥下。。 そして、糖の問題・・ 口腔機能から 口腔内ボリュームの確保は、 全てに関係します。 なにせ、舌の通り道が 舌なのですから。。 大人でも、時間はかかりますが アトピーも、自分の免疫力の向上と 姿勢、口腔内のボリュームの改善 で良くなることが多いですね。 口腔内細菌、自分でコントロール出来ないことがわかれば 絶対に歯科医院でコントロールしてもらいますよね。  ...

目的と、問題を伝えないで 抱っこ紐を売ること自体が間違っている。。 抱っこ紐、とか、ベビーカーとか 依存症が多いのも確か 絶対に子育てには教育が必要 抱っこ紐、枕。。寝具、ベビーカー 全部 大人と子供の 姿勢の関係を説いてあげてください。 そして、その子供が大人になったときまで。。 観察してください。 これが教育 子どもたちの成長に関わるものは 子どもたちの成長にちょっとハードルをかけて 乗り越えさせる事も大事ですが 3歳までは 子供の姿勢よりも親の姿勢の教育 が大事だと思いますね。 二歳半くらいで乳歯が全部整ったら とその前とは非対句は大きく違うのですから。。 知ってほしいこといっぱいありますね。 抱っこ紐でだけるような時期は親の姿勢と 子供の姿勢。。よく見て。。 口元閉じて、呼吸してるかな 頭、大事だよ 頭振らないで。。場合によっては 以前事件が起きたように 頭振られたら大変 目線。。見て ちゃんと眼球運動してるかな うつぶせ寝。。 どうして悪いの。。 おしゃぶり 何故するの そんな疑問 誰も教えてないし 誰も答えてくれなかった ましてや 母子感染って。。。 怖いって。。今でも思っている人が多い もっと言えば、親が予防に通っていない 子どもたちは。。絶対に後が大変。。 ってことっ、早く、家族全員で予防に通うことの必要性 知る必要があります。 だから、ゼロ歳から子どもと通っている お母さんたちは なぜか 綺麗になったとか 明るくなったって・・・ お母さんが言われたと。。 喜んでくれる人が多いんです。 こんど、そんな方々に ビデオレターもらおうかと思っています。 本当になぜかお母さんたちが 子どもたちが良くなってくると。。 綺麗になる。。 予防からすると当たり前なんですが これが、予防の極意です。...

卵子の老化は、 生まれてきた子どもたちの 最近30年の変化にも 大きく現れている そして、育て方も 大きく違い 教育も、 大きく変わった 教育に、姿勢の教育、躾は全くない 子どもたちの成長そのものなのに。。 病気そのものが、呼吸と嚥下の問題による 姿勢の問題なのだということを あまりにも理解されていない 免疫力、老化に関わる胸腺は、 生まれた時から、老化が始まっている 二十歳を過ぎる頃には、老化が始まっている この胸腺の急速な老化に 呼吸と嚥下は関わっている 免疫力との大きな関係がある 呼吸と嚥下。。 胸腺の老化は 生殖機能と大きく関わっている この卵子の老化と見比べてみるとわかる ゼロ歳児からの 口腔機能の成長と 口腔内細菌のコントロールは 将来の日本という国の 多くの問題を解決する一つの 大きな問題の解決になることは 間違いは、ない     卵子の老化 https://www.youtube.com/watch?v=ww_ngj-W_KQ...

顎関節症の治療で スプリントを入れることも 歯を削ることもありませんが (顎関節症という病名は保険用語です。) 保険制度だと、 まだ何十年も前からの治療法ですから その後は、永遠になんとも、スプリントを作り続けるのか 歯を削って大掛かりな治療を行うのか。。 そんな膨大な費用を使うのも 保険制度という制度のためです。 例えば、むち打ち症の治療 まだ牽引療法なんてことをしています。 例えば、小さな虫歯の治療 今だ大きく削って金属もセラミックスなどの ものを入れやすいように 型を取りやすいように健康な歯も大きく削ります 顎関節症で 今まで多くのお金を払って来られた方は(その歯科医師の先生は1800万円以上) もう人生も仕事もおしまいだと。。と ある先生から紹介を受けていらっしゃいました。 多くの有名大学、本を出していらっしゃる先生 のもとで、ダイナミックに変わると思っていた。。 行われたのは、ダイナミックに歯を削って、 歯を抜いて、インプラントも入れた。。 そしてその場では良くなっても 帰りの飛行機では悪くなって 帰ると仕事もできなくなった。。 そんな方も、 生きるという気持ちがあれば。。 未来歯科(当時はかわべ歯科の時代) にいらして、 初診二時間の間に 自分の力で 自分を治すことができる ということがわかったのです。 数回の指導とトレーニング 自宅でのトレーニングを行い その後、姿勢咬合のセミナーにも いらしていただき、 学んで頂きました。 初診でいらしたその後、念願の サーフィンを行い 歯科医療に励んでいらっしゃいます。 多くの子供達 学生、大人の顎関節症を 治療を行わずにトレーニング と、診断で 改善し、自身の生きるチカラで治していく そして私たちは人生を手伝っていく そんな医療が 未来歯科の役割で 未来歯科の治療で 未来歯科のこころいきです、 保険診療は一切行っていない だから、削らずに、スプリントではなく トレーナーで、 MFTよりももっとダイナミックな 全身から口腔内の筋機能をトレーニングする ダイナミックMFTを提唱し 顎関節症で 歯が削られていないかたの多くは 初診時で、多くの問題点を解決されるかたが ほとんどです。...

赤ちゃんの成長に 目線と瞬き 眼輪筋のトレーニングを 取り入れるって。。 すっごく大切なことなんですが 歯並びにこんなことが関係しているなんて 皆様 ご存じない 目線が下がると TCHはひどくなるんです 目線を上げると。。 。。もうおわかりですね。 なぜ、未来歯科で 歯並びの矯正、歯周病の治療に 枕を使うのか・・・ まぶたを閉じると下がった眼球は 即座に上を向く。。 この原則が瞬きが 多い方に起こるドライアイ 常に余分な動きが 瞬きか多い人には起こってしまう まっすぐに向いている人が 姿勢がよく 呼吸嚥下が整う姿勢であることの要素の一つに 眼球運動があります 姿勢が良い。。 鼻が良い 口元が良い、 目が良い。。 という中顔面の発育 と大きく関わっている その頂点にあるのが 眼球運動です。 眼球運動のトレーニングが かみ合わせの治療 口腔の老化に大きく関係する そんなメカニズムを説いたのも 未来歯科で行う姿勢咬合です。...

こんな単純なことを今までの顎関節症専門医も 咬合病専門医も知らなかった たったこれだけのトーニングだけで なんと数千万円かけてきた 顎関節症の歯科医師自身が その場から改善され 自分で咬合は改善されると 実感し 今では伝えている先生もいる 姿勢咬合 姿勢咬合とは 川邉研次が30年以上前に作り上げた造語であり かみ合わせの問題は姿勢の異常 予防でかみ合わせも極度の老化としての病気も防げる ということで始まった 25年前姿勢咬合セミナーを立ち上げた時には まだ、学会では。。 そんなこと関係ないという 表現された 今では、ようやく この問題が世の中で問われる様になってきた。 姿勢咬合では、 なんと現在までに900を越えるコンテンツができている その一つ、咬合テープ 額を上げる 額のシワ伸ばし そんなテープで 老化のメカニズムの 目線の下がり 眼瞼の下垂 片頭痛と同時に 下前方へ 下顎を誘導し 目線と額を上げる その時にシワが よるようなら テープでしつけをする たったこれだけで 片頭痛も かみ合わせも 肩こりも 歩き方も 良くなってしまうことが多いのです。 毎日こんな、簡単なこと、 20分程度。。 トレーナーと合わせて使うことで 筋肉をうまく使ってもらう それが重力を味方にした 姿勢と噛みあわせなんです...

親類が座って仕事をするようになって久しい 座るという姿勢を作業がし易いという 姿勢の分類から 動かない姿勢に変えてしまったことから 人は大きな問題を抱える様になってきた 座る姿勢を意識をもった姿勢に変えることで 臓器、体液、表情、感情などが大きく変わることを ご存知だろうか 老化も 最近、言われている 良い座り方でも もちろん足を組める座る姿勢も 大きく老化のメカニズムのシステムわ作り上げていに過ぎない ゼロ次予防は この成長と老化という問題に取り組む 姿勢から始まる予防 座ることで老化が起こる http://matome.naver.jp/odai/2139865231219675101/2139865582022197903...