未来歯科 | 予防歯科
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
81
archive,paged,category,category-81,paged-2,category-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

予防歯科

あなたはうんち食べたことがありますか・・と聞くと.. ほとんどの方は,NOと応えます. なぜ歯が無くなるのか,たった1ミリ程度の口の中のバイキンの塊(プラーク)が命まで落とす大きな病気と関係しています. 胃潰瘍を起こすピロリ菌も口の中のバイキンの一つです. たった一ミリで。うんち一本分に匹敵するバイキンが,口の中にいるのです。 ほとんど自身の歯磨き程度では,こんな細菌の量ををコントロールしようと思ったら 数時間はかかってしまう 例えば虫歯が今までできた人, 治療してしまった人,そしてその方がもし,子供さんができたら,・・ この細菌は,頑張って,何時間も歯ブラシでとっても、甘いもの食べただけで また3分経つと繁殖し始め,16時間から, 72時間で熟成したバイキンの塊が口の中にできるのです. 予防は,ただ歯石をとったり,歯ブラシの練習ではなく, 生涯を通して,虫歯も歯周病もならない自分を作り上げる唯一の治療方法で, テクニックではなく,知識と習慣です. 専門の予防医療機関への通院が必要です. 下記URLは、是非ダウンロードして呼んでください。 オーラルヘルスと全身の健康 http://www.braun.co.jp/oral_health/oral_health.pdf...

口の中の細菌は、身体の状態によって大きく違う (2012年の今日のFacebookの投稿から) 口腔内の細菌は、それぞれの個人の状態によって大きく違います。 歯ブラシをしていますという方々 殆どの方が、口の中に問題があったり 口呼吸だと、歯磨き剤つけて数分で 歯ブラシタイム終わり。。 そんな人がは、子供のうちは、呼吸器疾患、成長の異常 大人になると歯周病、そして3大疾患 体調が悪くなると増殖してくる細菌が違います。 写真は、身体の抵抗力を示すマクロファージが細菌に負けてしまっている状態です。 マクロファージか単核の場合には血中では白血球でしたから正常な反応ですが、 二核のマクロファージが多く唾液にも見られる様になると身体は、 かなり弱っている状態になっていると予測されます。 通常は正常な方で400種類くらいの細菌が存在し、 身体の状態によってバランスが保たれています。 問題は、体調が衰えてきて、細菌が異常繁殖する場合です。 この状態は、口呼吸、TCH、低位舌に代表される呼吸と飲み込み、 消化の問題を起こしている方々です。 呼吸と、飲み込み(嚥下)の状態によって 口腔も、体調も大きく変わってきます。 そして、口腔内の細菌は 一気に異常な細菌叢に進化するのです。 こういった異常な細菌叢が唾液で浸された口腔内で 診られる場合 私たちは、その年齢層、 体型、体調、顔面の歪み そして、口腔内の状態をみて 判断します。 異常な細菌叢は サブリメントに頼っている人にも多く また、腸内細菌をコントロールしすぎた方にも 起こる問題です。 腸内に良いと言われる 乳酸菌も、口腔内では、問題を起こすことも多く 口腔内で、良いとされる乳酸菌も腸内では異常を起こすこともあると スウェーデンのバイオガイア社の長年の研究では、 口腔内と、腸内に良いのは、Lロイテリ菌というヒト由来の乳酸菌に 限ったというのも納得します。 ...

2012年7月31日のFacebookでの内容 29日の講演では, 日本の未来の大きなお金の損失を救うのが,自然免疫力向上の定期管理型の予防歯科. 歯と心と,身体の健康セミナー というテーマでした. 今回は総論的に,見ていただき,少し体験していただきました. 全身を管理するかわべ歯科(今は未来歯科ですが、当時はかわべ歯科の院長でした)で行う,予防歯科は,生まれる前からの予防で,なんとほとんどの方が出産も陣痛が始まって15分位内という, 患者様の感想も見ていただき, 歯を削るのにも姿勢で麻酔なしで, 痛みも無く虫歯を削ることも、乳歯くらいの抜歯もできるかわべ式オープンハートは, 歯科医療がまさに脳をコントロールすることで, 疼痛の管理を確実にでき, 子供たちにとっては大きな勇気づけができ, 実体験のビデオをみていただきました、 ゼロ歳からの親子での 予防の結果は 成人になって, 海外に出た時, 他の地域に行った時に, その凄さに感動されるようです.・・ 日本人には珍しく、 虫歯も一本もなく、 詰め物すら無い 歯並びも、素晴らしいと いう話もいたしました....

虫歯は,数年間止めたまま 詰めてあるのは他の医院で治療した歯だけ そのまま.. えーって..言われそうですが.. 乳歯の虫歯は, できた止めた方がいい.. もっと言えば 虫歯にならない様に 知識を上げる あと,あーって.大きく声出させて 扁桃腺が晴れていたり のどちんこが(口蓋垂) 見えなかったのが トレーニングで 見える様になったきた. 同時に虫歯も止まり始める. 人は,教育と実行で 成長し, 困難を乗り越えることができる能力を 持っている 人生で必要なのは 良きアドバイザーとしての 歯科医院 ....

写真の子供さんは 障害をもって生まれました. お母さんは 一歳半くらいから連れて来てくださいました. お母さんが歯並びが悪く 虫歯で苦労して そして私の医院で,ずっと予防をしていく間に 姿勢の事,予防のこと, いろいろ勉強しました. そんな時間の間に結婚し しばらく来れなくなり 子供さんを連れてくる間にちょっと時間が たちました. 甘いものをすでに食べさせてしまっていました. 障害をもった,子供さんは, 多くの親が,予防もせずに 甘いもので,泣くのを止めていたのです. 乳歯の前歯が虫歯になったのは 言うまでもありません. 虫歯の部分だけ黒くなる薬(サホライド 弗化ジアミン銀) と,強力な光と,レーザーで 銀を付着させるために,歯が黒くなります. 銀塩写真の原理ですね. すごいのは,歯を削るなどの処置をしなかったために 子供さんは,歯科医院に通うのを 楽しくってしょうがないという場所にしていったのです. それでも学校に行くようになると 忙しく,間をあけてしまったのです. 学校に通うようになると またまた,友達どうしで 甘いモノを食べたり,飲んだりします. 虫歯ができてしまい 気がついたら,穴が空いていたそうです. そこから, 月に一回 ずっと来てもらいました. 乳歯の虫歯も削ることもなく 虫歯のところも綺麗にしてくれました そして,生え変わる時まで 虫歯でした. 永久歯に生え変わり 虫歯は無くなりました. この時までに, この子供さんは 生涯通して 虫歯とも歯周病とも 歯並びの問題も 起こさない...最初の登竜門を 越える,歯科医院への通い方を 親子で,獲得したのです. 中学では, 学級委員 高校でも 元気に過ごしています. 歯並びもよく 笑顔が素敵で 目がキリッと... これは,お母さんと 私どもの医院との 生涯を通じて元気に歯科医院に通うという 生涯予防の扉を開けたに過ぎないのです... 社会という環境の中 日本では予防は難しいと言われます. この予防の中に フッ素もあり,ミネラルもあり・・ 食事,呼吸,姿勢の指導もあるのです. この中にフッ素が悪いとか 何が良いとかという問題は無く 時期に応じて, 対応と対処が違い その意味では 成長が違うということです. その対応が医療人である 私達proが指導する 予防のあり方です. お母さんが,一本でも虫歯の治療が過去にしてあったり なら当たり前の様に 歯並びが悪かったり 鼻か詰まりやすかったり 病気がちだったら 姿勢が悪かったり 外反母趾だったり 便秘がちであったり 走るのがおそかったり など,歯に関係ないことでも 問題があったら 子どもたちは予防に通わせ 乳歯のうちに問題があったら 生活習慣の見直しと 生え始めの永久歯の予防を 行う必要があるのです. 歯科医院はできれば 歯を削る音がしない 予防と姿勢の専門を選ぶことも大事です. 歯科で行っている 様々な方法 例えば 高額な義歯 インプラントと掲げてある医院での 予防は,ただのメインテナンスか 一時期の予防に過ぎないことが多いのです. 本来の予防は 自分の生活習慣も変えるのですから 効果は他の治療よりも早く現れます. 通常二週間と言われる程度の時間から 実感ができるのが予防です 正しい知識に基づき 実行し, 定期的に通い 現在の状況を知ることで 未来は限りなく良くなります....

日本の歯科医療は、 健康保険が使えるから 世界一安くかかれる・・・疾病後追い型保険です 病人であり続けないと,歯科医院にはかかれません だから,いきなり歯を削られたり 薬だけ出されて帰らされたり 問題は,ご本人の通い方だったんです. 本人は意識していないのに 何か問題が合った時だけ 都合の良い歯科医院を探す 国も,歯科医院は,この程度の痛みをとりあえず変換という 場所としか考えてません. ものの交換と痛みの軽減だけの場所 子供を叱るのに,そんな事してたら 歯医者に置いてくるよと.. そんな場所でしか考えられていないのが 国民の方向性です 病気にかかってからしか、使うことが出来ないのに。。 つまり保険証を出した瞬間から、 歯科なら、削ったり、抜いたりという 治療をしてもらうことを約束する だから日本の医療は最高だと.. 言われる 病気においてではです. 治療レベルも高いトコロは高い 全国均一料金だが... 何故か,高いところもある という保険診療 もし,この先生方が 保険診療が無くなったら 歯科医療機関として存続することができるかというと 殆どの医療機関は,存続できないと言われます. もし,保険やめて,予防だけで,患者ではないゲストが来るなんて 絶対にありえない つまり,治療を行って 病気になった人をメインテナンスするしか 予防だと思っていない . 実際には,治療の内容なんて かかっている人は誰もわからないのです. 親切だったかどうかだけ... 反面 寝たきり,引きこもり,人見知り,鬱,虫歯, と言われる日本だけが特出して多い日本病 そして糖尿病大国とも言われそうな,糖に弱い民族です. 口の中をみると 先進国では珍しい 大人になって 歯並びで悩んでいる人が多い 老後という時間で 入れ歯,インプラントの値段で悩んでいる人も多い そして,せっかく入った 老人ホームも国家予算が少なくなると対応が悪くなり 対応が良い,高額な億単位の老人ホームが 重宝される 寝たきりという言葉が無い国がある 寝たきりがほとんどいない国がある 日本は老後の心配のために お金を貯める 自分の病気のために 保険にはいる・・ という 病気に対する対応は世界一優れている ということは,世界中が認めているのです でも,そこに大きな 履き違い,勘違いがあるのです. この履き違いとは一体何を 生み出しているのでしょうか. 誰もが基本は大事だと思っています. 医療において医療技術, 医療の進歩は大事なことだとわかっています. 問題は,医療技術の進歩ではなく 病気の治療ではなく その医療をうける人々の 状態が変わってしまっていることが問題なのです. 必要なのは,ゼロ歳から,妊娠中から, 生涯通して,健康を目的として 通えるシステムが,予防システムです. 治療を行わないで生涯を過ごせる 確率を極限まで,上げるというシステムです. 表は1994年の歯科評論に載っていた メインテナンスの期間で 未だ,このような疫学的調査は 行われていない 治療よりも,効果が,高いというよりも 進行を抑えることができるのは しっかりしたバイオフィルム(以前の名称はプラーク) のコントロールの期間を 状態に合わせて 二週間から,3ヶ月以内に行うことを 習慣化するだけで 明らかに進行を抑えることができる. 日本では,当然な期間の設定が 今までされてなかったのは この治療優先型で 行われてきた保険診療のあり方が 生涯を通しての口腔管理の必要性を なくしてしまい 将来は,インプラントか義歯かの 選択をほとんどの日本人はされてきた のにすぎない 正しい予防に対しての知識と 歯科医院の通い方を学び 日常の生活の中に予防を取り込んでいくことそのものが 未来の歯科医療を守り 国民の健康を守る産業としての 本来の歯科医療のあり方を決める. 治療費が安い,気楽に治療をされる 説明も殆ど無く、説明に必要な一時間程度の時間も無く 検査だけされて, 口腔内の状態と全身の状態との説明も無く 自分の今がどのようで, これからどのように将来を過ごすのかも 人生計画で,歯科医院の通い方を 教えられないまま,しかも 口腔内を綺麗にしない状態で 細菌が多量に存在する状態で いきなり削られてしまう と嘆いている人が あまりにも多い. 保険診療だからと言う前に まず虫歯の治療の前に これから進行しないという 口腔内になったことを 数ヶ月は確かめてから 虫歯の治療を行うのが、普通だが 削ったりして,治療をしても良くなることはありません. 一本の歯の治療が必要になったら その時から,ずっと通ってこれ以上歯を 絶対に削らない・・・で済むような生活にする そんなサポートをしてくれる歯科医院で無いと いけないですね. 治療をした歯は, 限界が早いから, やはり良くなったわけではなく、 その場しのぎです。 治療をしたら、 やはり、予防ではなく メインテナンスです、 それ以上の 自分の歯で 生涯過ごせる 一緒に成長する歯科医院作りを 全国民の力で,予防だけを望む ゼロ歳児から育てたら 子どもたちが成人になる頃には 日本は大きく変わる ...

子どもたちからのプレゼント.. 本当にありがとう 私も佐久山も今までと変わらないけど.. 嬉しいな. これからも皆さんと 楽しみます. 矯正をこんなに楽しくした ちょっと努力も必要だけど.. これも,佐久山のおかげ 二人三脚で, 未来歯科のスタッフと 皆様の未来元気にいたします. ありがとう. 本当にありがとう. 素晴らしい勇気をいっぱい 頂いています.  ...

子どもたちが、仕事をしていない だから眠れない だから、食べられない 唇、目、顔と姿勢を見て 子どもたちを育てることは 食べるのではなく 食らう、食いに行く というパターンを最初に 身体でつかむ 時間になったら与えるのは 人生の最初の生後二ヶ月から三ヶ月 顔の発育、 身体の発育を見ながら 成長を診ていく・・ 子どもたちの成長は 未来歯科に来院する一日から変わり始めるのがわかる 子どもと接するときの親の発音 触れ方 唇の触れ方、どこからおっぱいの先が入り 子供が食らいついてくるのか。。。 おっぱいの与え方は、唇を見て 親の姿勢をみて決める 目線の角度の延長には 親がいる 親がいる位置は 子供を育てる位置なのか 子供を成長させる位置なのか そんなことで 子供の表情は大きく変わる・・ 呼吸と嚥下のプログラムを指導するのは 子供ではなく親 食らうということを知らなかった この子供も 大きな物を与えると食らう 原始反射 姿勢反射を使った子育ては。。 食べ方まで 指導できるとし 食べ物も指導できる。。 間違った栄養学ではなく 活きるための 元気になるための 食らう、食べる、消化する、排泄する というパターンと 食べ物の流れ 消化酵素の活躍 そんな事も考え 口腔内を診ていく そして口腔を育てる 子どもたちの表情を診ていく 泣く、よく泣く でも 泣き続かせたことはない親が多い この問題は住宅事情と言われるが そうではない。。 泣かせた後に笑顔と食らうという 反射を行うことが多い。。 仕事をするから原が減る 多くの子供達は、 口元を目一杯開けて泣くことは無い ヒーヒーと栄養失調の子どもたちの泣き方をする 声をだす 息を吸いながら声をだすことは出来ないが 赤ん坊で、抱くと身体を反る子供は 逆に、泣くときに腹が立つ だからお腹ポッコリ。。 反り腰の若者も 痩せているのにお腹ポッコリ。。 泣くのも、仕事 でもどうやって泣くのを見ていられるかを知らない だから、成長に合わせた抱き方で 呼吸をよくしようとする姿勢をすると 呼吸が出来ないのがお腹ポッコリで反って泣く という逆式嚥下と、逆式呼吸の子どもたち 親の抱き方を良くすると。。 泣く、しばらく泣き方を見て 顔の表情、涙 そして、口の開け方 顔色、そして姿勢を見ながら 観察し トキを見計らって 高音域の音と共に 気をそらすと 泣き止む。。というよりも諦める 今までは親は寝たきり老人の都合の良い呼び出しスウィッチの様なもの ひどい子供は、一時間ごとに泣くというスウィッチを押す そしておっぱい、24時間・・24回、、、親は ほとほと疲れる・・嫌になる。。 未来歯科に連れてくる 泣かせることが仕事だと・・ できれば、笑うことが仕事の子供に育てたらと。。 人生の最初の時点で 子供の仕事を変えることは、 人生の最初で全てが変わる。。。 そのためには、 親が笑い続けることができるかどうか。。 そのトレーニングから始まる 子供の人生を変えることは 親の人生も変えることが必要 今の子供の問題は、 親の問題が大きくなっただけ。。 子どもたちが元気になる姿は 同時に親も元気になる...

コンプレックスだったんです。 両方の二番目の前歯が、 写真撮ると黒くなるんです。って。。。 鏡見て。。。 こんなに綺麗になるなんて。。。 削ってないんですよね。。。 全く。。 足しただけですから。 だからいつでも 元に戻せるんです。 えー、嘘みたい、、 ずっと悩んでたんです。 これから、 ---------------------------------------------------------------- でも、 多くの人は、 長く、治療して入れた物がもつということを望む その長くは、 長くは続かないことを 誰でも知っていいる セメントで着けても最大5年程度が セメントの寿命 その次に起こるのは 削りすぎたことによる 綺麗だった歯が無くなることに。。 そしてインプラントを考える 予防医は、歯を削らないで 口腔の環境を良くすることで 歯を変えて行く まるで成長するように。。 数十年 歯を削っのと削らないのと 大きく違う結果を招く 歯の治療をどんどん行った人たちは。。 当然の様に歯が無くなる 歯の治療ではなく 予防に通ったグループは。。 自分の歯を守るのだから・・ ...

どうして、矯正でマルケンBANBANが必要になったのか 毎回、30度に乗れるかどうか そして、趾がしっかり着くかどうか その時の姿勢は、 30度しっかり乗れない子どもたちは 矯正が終わっても また元に戻ってしまう。。。 逆に30度しっかり乗れる子どもたちで 足がしっかり着く子どもたちは 数ヶ月で結果がよくなる 重力は どれぐらいの力ですが。。。 体重分の移動の力が重力です。 そしてそのための筋力は 足の着地からのバランスによって決まります。 立つ、座る、歩く、走る 全て地面にしっかり 足が着くようにすることから始まります。 もちろん、噛み合わせの治療も 睡眠も、心の問題も 身体の問題も ここから始まります。...