未来歯科 | 予防歯科
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
81
archive,paged,category,category-81,paged-7,category-paged-7,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

予防歯科

オープンハート姿勢は 私の幼児期の体験から生まれた 歯科治療に使おうとたのは 麻酔も痛くなくうつことができるのもこの姿勢で行ってきた そして、ある時、麻酔なしでも 子供も、大人も痛みをこの姿勢になると 確実に痛みが無くなるわけではないが 軽減することを発見した。。 あれから、22年以上になるが。。 姿勢咬合の始めは まだ麻酔を痛くなくうてる程度だった 今では、20年以上 よほどのことが無い限り麻酔は使わなくなった しかも麻酔をうったとしても 数滴で充分なことが分かった。。 薬すら、歯を削ることすらしない治療法が すでに20年以上前に完成していた。。 おそらく世界で初めてのことだと思う。 今では、歯を削るのではなく 虫歯を取るだけだから痛くないですよと 言える様になってきた ヒールオゾン、プラズマオゾン、 NVレーザー、炭酸ガスレーザー、コスモキュア アクアカット、ナノシール、など様々な予防器具、材料がある 当時はここまでとっても 痛みを感じないで充填で今に至っている     https://www.youtube.com/watch?v=rr_xq3UTQf0...

この方は一人目が、帝王切開 二人目がオープンハート姿勢で普通分娩という方です。 どうして、最初が帝王切開かは、 後で、分かったのは、食いしばり現象で 口腔内ボリュームの成長不足でした。 オープンハート姿勢は 妊娠中の姿勢の指導とともに 口腔の管理を行い トレーニングします。 20代前半での出産は、 オープンハート姿勢と 日常の座る姿勢トレーニングで 便秘も無くなり、 出産も痛くないという方が多く 30代、40代前半の方でも 皆様陣痛は、15分から20分程度のようです。 30代後半の初産の方は 産科医にほめられるほどでしたと。。。 オーブンハート姿勢は 歯の治療の痛みの軽減から生まれた かわべオリジナルです。 オープンハート 心も、体もリラックスする という意味合いですが。。 痛みの軽減という場面でも使っています。     https://www.youtube.com/watch?v=X6dP4iBHu0I&feature=youtu.be...

かわべ式オープンハート姿勢は 心も体もリラックスさせる方法です。 痛みを1000分の1程度まで軽減する姿勢が オープンハート姿勢 だから、こんな大きな虫歯も 虫歯の部分しか取らないから、 麻酔もない状態で 神経までの虫歯も除去し 詰めることができる 未来歯科には、 腐った歯と、健康な神経の歯の診断しか無いのですから。。。 どちらも、虫歯の治療では姿勢だけで 問題なし。。 本人が行ってくれるまでトレーニングです。 呼吸と姿勢って 大事でしょ     https://www.youtube.com/watch?v=C5unmH7ycBs&feature=youtu.be...

かわべ式オープンハート 大人だけでなく 子どもたちも姿勢を学ぶチャンス 目線を上げること。。 ここで、目一杯目線を上げて 額にシワがよったり まゆが大きく上下する場合には。。 噛み締めぐせがあります。 咬合テープで 額が下がった分を上げましょう そして目線を上げて 手のひらを広げて 大の字に寝る感じ。。 ここで呼吸を整えます。 こころと身体の不一致を オープンハート姿勢は、 コントロールすることが出来ます。 呼吸と嚥下に姿勢が元も大事だということを確かめて頂く上でも 矯正をしなくてはならない 顔の成長の問題も オープンハート姿勢で 身体で覚えてもらいます もう次の時には 緊張もしません・・・     https://www.youtube.com/watch?v=r9gbilB8zMQ&feature=youtu.be...

今まで、何人の出産が楽になったか。。 姿勢を覚えてもらうだけで。。 妊娠中の腰痛も楽になり 逆子もなりにくくなる そして出産までもみんな楽になる 少子化が進む日本で 高齢出産でも 姿勢で痛みが軽減するのだから。。 絶対に覚えて欲しい オープンハート姿勢 もちろん妊娠中も、 妊娠前も絶対に口腔管理を定期的に行い 殆どの病気の原因になる 口腔内細菌に対しての知識とクリーニングも 絶対に行っていただきたい 姿勢を知ることは、 呼吸、嚥下、消化、排泄 そして日常の様々な病気の予防の全てに関係する     https://www.youtube.com/watch?v=_gIZu_kKN1w...

子どもたちの能力は、素晴らしいものがある でも保育園、学校ではこの能力を無くす姿勢を取らせる 楽を教えて、苦を乗り越えさせる能力を無くしてしまう 結果、口をポカン、 身体グニャッ 生後すぐに夜泣き 二ヶ月半から、三ヶ月で皮膚炎、アトピーなどの皮膚症状 そして、呼吸性の喘息 5ヶ月ころから、捕食ではなく、離乳食という宇宙食 消化、排泄の問題を生じ始める 泣いたら、おっぱい。。寝たきり老人が寝たきりになるスウィッチの様 10ヶ月位になると・・寝かせ方で、頭の形の異常 目の形状、斜視等。。食事しないと。。 一歳になると早期の断乳で 子供たとのストレス・・断乳の時期って全部食べられる歯があるかどうかですよ。 育児書でみんなダメになる 子どもたちは、泣くとおっぱい。。だから泣けない。。 一時間半以上泣くと。、、引き連れの様になるがそのまま泣かせておくと。 自然と泣き止む。。そして息を吐く。。ふっっと この症状は呼吸の異常、過換気症候群。水分補給ちゃんとしようよ。 3歳までは、糖分気をつけて、どうて離乳食が問題なのか。。分かって ・・生後三ヶ月までの抱き方一つで未来が大きく変わる ゼロヶ月からの指導で、親の問題も軽減する。。 ・・・・・・・一ヶ月に一度診ていくことは、絶対に必要ですね。 子どもたちは、無限のエネルギーを備えている そのエネルギーを引き出すのが 教育としての呼吸と飲み込み。。そして消化吸収、排泄というメカニズム 子どもたちの顔は見違えるように 親の教育で変わる。。 親も変わる。。 問題は、、、 将来の引きこもりの原因の 人見知りという病気 生後すぐから、多くの人に、抱かれる 泣くのが仕事で、泣いている間に反って、お腹が張っているなら 同じ姿勢で親に泣いてみろというと・・・ 出来ない。。という 逆式嚥下、逆式呼吸。。 この問題を扱うのが姿勢の指導 たった姿勢一つ、姿勢を妨げる問題の解決一つ。。 そろそろ、 もっと根底にある 呼吸と嚥下という命に関わる問題の 予防という教育を知ろうよ   この国から、欧米から、奴隷座りとも、囚人座りとも言われる 内蔵を破壊し、呼吸を悪くし機能的残気量を多くしていまう 三角座りとか、体育座りなんて言うものは辞めさせて 立つ、椅子に座る姿勢をしっかり教育したら。。 未来に、世界に通じる姿勢の良い、 呼吸の良い日本人を育てる教育システムになってほしい    ...

子どもたちの矯正必要なことは、大人も同じだが。。 何のために行っているのかが、最も大きな問題 歯並びとか、審美とか。。 歯だけを対象にした考えが未だ21世紀になってもはびこっている 呼吸と嚥下という問題は この地球上に存在する 現代人と言われる生活をしている人の全てに必要な知識と トレーニングの結果だと理解して欲しい 歯並びの悪さは 人間が、もう身体を動かさなくても 活きなくても、機械人間で生活できる方向性に向かっている 生命力の無さの生活習慣を表現している 現代生活による、命に関わる病気だと言っても過言ではないと 言われる様になってきたのです。 ゼロ歳から、呼吸と嚥下のプログラムを 家族で取り入れられれば 家族全員が、なぜか元気になっていく。。 なぜか、おばあちゃん、爺ちゃんまで孫の元気な姿をみて 元気に生きようとする 姿勢咬合セミナー(歯科医師向けのセミナー)の6日間コースを受講された先生方は 子供さん、お孫さんと来院される方も多くなってきました。 そして、子供さんのために 姿勢咬合セミナーを受講される方々も多くなってきました。 そんな先生方の子供さん 先生もびっくりするくらい。。 姿勢も、目もキラキラ そして何より、先生ご自身の笑顔が 素晴らしくなりました。 私達の教えることは 矯正のゴールの一つ 素晴らしい笑顔でいられること 人からみても元気で誠実な姿勢であること 掟は、3歳過ぎたら 大きな声で良い挨拶、良い返事、そして良い姿勢 できることをどんどん増やしていきます。 こんなことが、ゼロ歳児のお母さんたち、 そして子供、成人、老人にまで行うのですから。。 日本中を元気にする そんな知識と方法が満載なんです。 だ、か、ら。 なぜか知らないけど。。 ここに来ると元気になれるんだよねと。。 教育としての 予防歯科医療は 歯科医師が治すのではなく 自身と家族が、教育とトレーニングで成長する姿なんです。 ...

さっきまで泣いていた でも。ちょっと4歳のおねえちゃんが 大丈夫、私もてきたからと。。 まだ三歳になっていないのに。。 出来た。。。が 増えた 子供たちは 教えることで育ち 教えられることで 育つ 大人のコミュニケーション 大人の秤では計り知れない程の 能力を子どもたちは発揮する 成長を楽しむ親たちも 口腔内の綺麗を体験し 今までにない歯科医療のあり方を 実感する 歯科で治療をしないこと 治療した歯は、絶対に未来から考えると 良くなることはない 子どもたちの未来から 今の子供達の成長を教育する それが未来歯科の 教育システム。。 子どもたちの未来は無限だ...

子どもたちの成長で 考えなければならないのが 成長曲線 マルケンBANBANは、三歳になると全ての子供達が 30度に乗れるが、五歳過ぎてから、来院したご友たちの全てと言っていいくらい 乗れない。。 姿勢教育のなさと、子どもたちの成長に対しての この国の無知が、作り上げた問題が5歳時の殆どに診られるのに 殆どの医療の現場では病気にならない前の成長の病気に気がついていない それぞれの器官で時間と、成長する部分が違う 様々な成長曲線を統合すると 今の時期に何をすればわかってくる そして、歯牙年齢が 脊柱年齢とほぼ一致する スキャモンの成長曲線と、 その成長曲線に 脊柱の成長と、歯牙年齢を同時に考えると 科学的に成長の問題の解決が見えてくる ゼロ歳からの子供成長矯正は ゼロ歳から行うことで トレーナーすら必要ない子どもたち 顔の成長の良い子どもたちを育てることができる これがかわべ式姿勢咬合による ゼロ歳からの子供成長矯正 だから、 子供の成長を総合的に指導できる 産婦人科は、生まれるまで、 小児科は、子供のうちだけ 内科は、大人。。総合的だが 病人を診ていて 正常な成長、発育は一切知らない ゼロ歳からの予防矯正は 顎関節症、歯列、咬合病と 無呼吸症候群に対しての 呼吸と嚥下のトータル教育としての 新しい医療のあり方。。 治療ではない教育としての 口腔内ボリュームの確保   ゼロ歳からの子供成長矯正は、生後一ヶ月からの親子の教育 成長曲線の見方と、捕食と離乳食の大きな違い 口呼吸の問題などを系統的に教育していく 子どもと親の成長に対しての理解と 今しなくてはならないことの指導を行い 毎月の顔とこころと身体の成長の結果を楽しんでもらう ...

昨晩、ADIGの浅野副社長のお招きで、 夏子様と、皆さんでお話することができました 6月7日・・・行きたい。。 実際は、もっと綺麗。。 素敵なしぐさと、人を喜ばせる言葉のマジック。。 そして、綺麗を続ける工夫は 綺麗な行動 人に観られている綺麗な、しぐさ。。 秘訣は。。なんと毎日の日本舞踊15分。。 (ナイショ) 永遠の宝塚の魅力 いつまでも保っている方々がいらっしゃる 動作一つが、かっこいい。。 この方たちの年令は。。 絶対に感じさせない。。 まだまだ私も現役で 人生楽しませていただけると 実感いたしました。 ゼロ歳から始まる 綺麗な姿勢は 親子で、綺麗が 機能的にも、生理的にも」 呼吸にも、嚥下にも そして歯並びにも、笑顔にも 良い、姿勢です。 100歳まで、綺麗な姿勢 かっこいい行動。。。 目指しましょ。...