未来歯科 | 歯並びが悪くなる癖
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
84
archive,category,category-kuse,category-84,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

歯並びが悪くなる癖

未来歯科のチェックシートであり,指導,教育の 生後6ヶ月の子供さんからの正常な発育をしているのかを 調べていく時に使う項目です. 子どもたちは,無限の可能性をもって生まれます. 生後三ヶ月までで, 命に関わる最も大事な機能の姿勢 呼吸と,嚥下の姿勢を親からもらいます. 親の姿勢わ殆どの方は教えてもらわないために 生後二ヶ月半くらいからの 問題を解決できない状態で いつか治るからと言われ いつかを信じて 今まで通りで居ます そのいつかが来ます. 3歳位になると多くの親はその問題に気が付きます. でも,誰も解決法は教えてもらえないのです. そして,大きくなったら 手術しましょうと言われるのが 小学校上がってから 虫歯の治療は 早い子どもでは, 二歳半くらいから. 始まります. 一歳半にもなっていませんが.. この時期にお母さんがおかしいと気がついたのはすごい 歯ブラシできないんですが..と 歯ブラシができないのではなく 仕方を教わらなかったから... ほら,できた.. できたを増やしたら. 元気になった.. 子どもたちの成長はすごい.. 成長と発育は, 親と子の教育で 育つ.. よく,何をしたとか.. 一時の問題を解いている 成長は,成長という時間の発育を診ていく だから,口腔の管理は 歯が生える前から 実は,お腹の中にいる時から. マイナス一歳からの お母さんの教育も 妊娠中も体をしっかり動かしてもらい 姿勢を考えて行動する ことで,妊娠中も腰痛も 体の動きも全く違う... たったこれだけで... よく考えてみてください. エコノミークラス症候群の意味を 座ることの時間が長くなるだけで 血栓ができてしまう.. たったこれだけでという習慣を変えてしまうだけで 新しい習慣をつけるだけで 子どもたちの成長も,親の体の問題も良くなっていく.. 知ってみよう 姿勢咬合は 予防の新しいカタチです....

たったこれだけ, 床矯正研究会主幹の鈴木設矢先生考案のポカンX(ポカンエックス) トレーナーシステムに加えるだけで 子どもたちの姿勢は,変わります. トレーナーを入れて,ポカンXを 唇で,挟んでトレーニング.. 口を開いてしまうと,ポロンと落ちてしまう だからすごい... 足の着地, 座る姿勢と,排便姿勢の関係 口と,腸そして,足の着き方 口と,肺その周りの筋肉群と,足の着地の状態 こんな事で 子どもたちは,ジャンブ 発音,目線のトレーニング そして,笑う,,動く.. 雑巾かけ・・・と 内臓の力と, 体の力..を増します. 子どもたちは 何故か元気になる・・ お父さん,お母さんも, 一緒にすると・・ 何故か元気になる 子どもたちの無限の可能性は 大人たちのイメージを変えることから始まります. 未来歯科でのトレーニングは 子供だけでさせるトレーニングではなく 親子でのトレーニング だから, 家族で健康を目指せるんですね....

睡眠力セミナーは 咬合の改善の夜のスプリントとして 枕で改善できないのかとい発想から始まった すでに25年以上前からのテーマで 現在の形になったのは、 10年程前から。。 女性用、男性用、赤ちゃん用、子供用と寝たきりの方々用 全てを網羅する 枕のシステムが 実は、咬み合わせ、歯の矯正に最も必要な 夜の筋肉のトレーニングと 呼吸と嚥下という問題に対応する 世界で唯一の理論を作り上げた 過去には、著名な歯科医師も習いに来て 私の枕作りを雑誌等に あたかも自分のものの様に載せた事もあった 私が作り上げた姿勢咬合理論に基づいた枕は 今や多くの先生方も使い始めている そしてエステ、鍼灸、柔整、整体、看護師、助産婦なども使い始め セミナーを始めたところもある 歯科医院では、これだけで咬合が良くなるという歯科医師まで出始めている いびきも、無呼吸も数回の枕作りのトレーニングで 自分にあった枕でその日から良くなり始める なぜか セミナーの時に、すでに自分の身体か瞬時に変わることも体験するから そして、素材も提供できるから。。 この枕(マルケンピロー)は、完全に自分で作るフルオーダーメイドの枕 人生を変えてしまう瞬間が 睡眠力セミナー...

子どもたちが、仕事をしていない だから眠れない だから、食べられない 唇、目、顔と姿勢を見て 子どもたちを育てることは 食べるのではなく 食らう、食いに行く というパターンを最初に 身体でつかむ 時間になったら与えるのは 人生の最初の生後二ヶ月から三ヶ月 顔の発育、 身体の発育を見ながら 成長を診ていく・・ 子どもたちの成長は 未来歯科に来院する一日から変わり始めるのがわかる 子どもと接するときの親の発音 触れ方 唇の触れ方、どこからおっぱいの先が入り 子供が食らいついてくるのか。。。 おっぱいの与え方は、唇を見て 親の姿勢をみて決める 目線の角度の延長には 親がいる 親がいる位置は 子供を育てる位置なのか 子供を成長させる位置なのか そんなことで 子供の表情は大きく変わる・・ 呼吸と嚥下のプログラムを指導するのは 子供ではなく親 食らうということを知らなかった この子供も 大きな物を与えると食らう 原始反射 姿勢反射を使った子育ては。。 食べ方まで 指導できるとし 食べ物も指導できる。。 間違った栄養学ではなく 活きるための 元気になるための 食らう、食べる、消化する、排泄する というパターンと 食べ物の流れ 消化酵素の活躍 そんな事も考え 口腔内を診ていく そして口腔を育てる 子どもたちの表情を診ていく 泣く、よく泣く でも 泣き続かせたことはない親が多い この問題は住宅事情と言われるが そうではない。。 泣かせた後に笑顔と食らうという 反射を行うことが多い。。 仕事をするから原が減る 多くの子供達は、 口元を目一杯開けて泣くことは無い ヒーヒーと栄養失調の子どもたちの泣き方をする 声をだす 息を吸いながら声をだすことは出来ないが 赤ん坊で、抱くと身体を反る子供は 逆に、泣くときに腹が立つ だからお腹ポッコリ。。 反り腰の若者も 痩せているのにお腹ポッコリ。。 泣くのも、仕事 でもどうやって泣くのを見ていられるかを知らない だから、成長に合わせた抱き方で 呼吸をよくしようとする姿勢をすると 呼吸が出来ないのがお腹ポッコリで反って泣く という逆式嚥下と、逆式呼吸の子どもたち 親の抱き方を良くすると。。 泣く、しばらく泣き方を見て 顔の表情、涙 そして、口の開け方 顔色、そして姿勢を見ながら 観察し トキを見計らって 高音域の音と共に 気をそらすと 泣き止む。。というよりも諦める 今までは親は寝たきり老人の都合の良い呼び出しスウィッチの様なもの ひどい子供は、一時間ごとに泣くというスウィッチを押す そしておっぱい、24時間・・24回、、、親は ほとほと疲れる・・嫌になる。。 未来歯科に連れてくる 泣かせることが仕事だと・・ できれば、笑うことが仕事の子供に育てたらと。。 人生の最初の時点で 子供の仕事を変えることは、 人生の最初で全てが変わる。。。 そのためには、 親が笑い続けることができるかどうか。。 そのトレーニングから始まる 子供の人生を変えることは 親の人生も変えることが必要 今の子供の問題は、 親の問題が大きくなっただけ。。 子どもたちが元気になる姿は 同時に親も元気になる...

3歳から、5歳までにわかる 顔、態度 将来の子どもたちの歯並びの問題 この写真は、すでに20年以上前の写真です. こんな子どもたちでも良くなって育っていったんだって.. 姿勢咬合を立ち上げて、24年 子どもたちと向き合ってきて、35年 自分の医院で、臨床でこんな姿勢のこと初めて32年 この子どもたちの未来を観てきたから 今が言えるんだって..実感します. ---------------------------------------------------------------- 去年の投稿です。 姿勢咬合セミナーは、今年で25年になります。   ...

口元テープ20分 その後は、 息を吹くこと。。。 で 風車・・ やっってみよう。。風車 テープの後でだよ。 しっかり息吹けるって 大事なことなんだけど。。 今の子どもたち出来ない でも、テープとおんなじ やらせるとできる 鼻でちゃんと呼吸して そして一杯息を吸うんではなく 自然体つくってから 吹かせる できるようになると 落ち着く。。 そして物事が判断できる様になる 子どもたちの気持ちって 大人と同じ 呼吸で表している。。 こんなことが、 呼吸と飲み込みのプログラム MRCでは教えないけど。。 日本では古くからある 姿勢のことだって 日本で学校で囚人ずわり(三角座り)させているなんて 他の国理大人には全く理解できない。。。 日本は囚人座りで まだまだ大きな 姿勢の壁を作ってしまっている 語学に対しても 全く遅れてしまった。。 知らないと 教育は 全く遅れてしまう 姿勢で病気も 歯並びも変わることすら知らない。。...

歯科医療の中で 予防は、教育としての分野が大きく 医療としての治療の歯科医療と 予防の一部としての、知識と、知恵 そして全身の中の口腔という分野で考えると 教育としての新しい歯科医療の必要性が浮かび上がってくる 子供成長矯正を行えば行うほど 教育としての成長発育を 定期的に、健全に行えば その結果は、素晴らしい 虫歯も、歯周病も、歯並びも 今や、学校教育以上に子どもたちの能力を 向上させることができる分野であることは確か 語学に置いても身体能力においても 勉強という特別な時間ではなく 成長の時間で、自然と獲得できる分野だと 科学はすでに説いていいる 矯正は、MRC以前のトレーニングを行うと 治療ではなく、教育としての 育児としての、分野の、 スクールとしての形式の必要性をひしひしと体験する この子どもたちが学校だと思って お母さんたちと一緒に、来てくれたら。。 未来は大きく変わる そして診療台も無い 歯科教育は、どの場所でも可能になってくる。 歯科にとどまらないのが予防で 全身の疾患の予防には最も大きく貢献できるのが予防だが 家庭でのセルフケアを実際に 教育として行ってくれるところは無い。 年齢、状態に合わせて 今までは予防が行われていたが 英才教育でもない 元気な子どもたちと 元気な社会を作り上げる 教室が、常時時間帯で存在する様になれば、 素晴らしいスクール形式の全身と歯科教育が出来上がる ゼロ歳児から、妊娠中から。 妊娠前から。。家族全員が 歯科医療ではなく 全く医療機関と離れたところで 教育をうけることで 予防は確実に社会に浸透すると 実感する この成長を勝ち取る、教育は、 たった数ヶ月で、成長に合うトレーニングと 家族と本人の努力で 結果を見始める 今までの矯正ではありえないスピードで しかも 元気になっていく 目が輝いてくる。。 目指すのは決して良い歯並びではなく 未来の向けての正しい知識と 素晴らしい素敵な姿勢での笑顔。。 教育としてのスクール形式の 口腔と全身の歯科教育を本格的に来年度から始めます。 唇からの抱き方教室も 睡眠力セミナーも この一環として 現在行っています。 この方たちが継続的に 自分の健康と良い口腔を作り上げていただくのは セミナーの後の 継続的なトレーニングの必要性です。 来年3月から、医療ではなく、人間教育としての ゼロ歳からのスクールを今までの 30年以上の予防の経験から始めます。...

多くの方が、毎日のように 初診でいらっしゃる 未来歯科は、初診料43200円という金額 多くの方は、 帰りには、その金額がとてつもなく、安いと言われる 何故か、今まで多くの歯科医院で治療をしてきた 歯を削り、ものを入れ 歯が無くなり 結果はインプラントと、義歯をすすめられる 矯正をしても、 リテーナーをずっと入れ続けないと 歯並びも戻ってしまうが 噛みあわせもおかしいし、 言葉もおかしい 呼吸もしづらく 眠れない・・・ そんな方々に 歯科で削ったり、入れたりしての治療を行って 良くなった人を見たことが゛ありますか。。。 そういえば、数年前 友人から、良いと言われた歯科医院に 通い始めたけど。。。 その友達。。。 今では他の歯科医院の方が良いからと。。 インプラントって。。いいわよって言ってました と・・・ 40代くらいになると こんな会話が初診ではある・・・ そして、歯を抜いて歯並び矯正したけど。。 噛めないんですと。。。 寝れないし。。今日は一時間しか寝れない。。。 そんな方々に 口腔の状態を顕微鏡で見させていただき リアタイムで、状態が変わっていることを 実感してもらう 本当に口の中が綺麗になると。。 こんなに気持ち良いって。。実感してもらう 今まで 自分で磨いてきてから 治療を受けていた バイキンだらけで治療してきた。。 これって。。口の中を守る歯医者さんじゃ無いですよね。 自分では 今の生活習慣では 入れ歯になるための 歯ブラシしかしてこなかったんですね。 生活習慣の改善とと、正しい知識で 歯科医院に通うってことは まさに教育ですよね。 噛みあわせが ケンケンと、正しい軽いジャンプ そして口の中を綺麗にして 歯ブラシでも、綿棒でも、割り箸でもいいから 全体をまんべんなく触れて 前歯を触れる そして噛合せを確認 奥歯がしっかりあたっているようなら かかと後方重心歯が無くなる姿勢 舌に歯型が残っていたら。。 低位舌、舌のトレーニング。。。 そして舌の位置。。。 毎日の生活に1つずつ取り入れていく。。 健康の習慣 これって、、過並びも、 虫歯も、歯周病も 噛合せにも大事な方法ですよね。 歯科医院に通うのは 私の生活習慣良くするためと 元気で生きていくために 必要な場所として通うんですね。 歯科医院に通う 自分のペースを見つけることが 自分の健康を守り その都度、1つずつ生活習慣に良くなることを取り込んでいく 歯科医院に通うって概念が治療に言って 良くなる人はいない。。。 治療ではなく、生活習慣全体の予防のために通う 自分の元気に生きる人生のために通う そんなことを体験し、実感してもらう 二時間。 人生を変える二時間。 これからの人生で、 分単位ではなく 時間単位でもなく 年単位で、時間の質を変えていく習慣のための時間 人生が変わる瞬間が 未来歯科の初診です。...

大きく口を開いて 歯全体を紙巻綿棒の柄の部分で触れた跡で 下顎の右前の歯を数本綿棒の柄で触れて、 噛む そしてまた大きく口を開けて 下顎の右前の歯を綿棒で数回触れてから 噛む 下顎がその部分で噛もうとする 最も現代の人間が噛み始めない場所が 右前、歯並びもこの部分が最も悪い こんな事を毎日繰り返して行うだけで 噛みあわせもよくなっていく。。。 毎日の問題は毎日解決して寝る という習慣をつけるだけ。。 すぐに結果が出るのが 反射機能を使った噛みあわせのトレーニング こんな事で、顎位が変わる 反射機能はどのような意味をなしているのか 人が、カラダをうまく使うために 反射機能はある 無意識レベルのコントロールが 反射機能を利用した姿勢咬合の概念の一つ 無意識レベルのコントロールは、 意識レベルのコントロールを行うことで 行える つまり寝ている最中の姿勢は 起きている時の様々な姿勢によって構成される 様々な反射機能の結果が姿勢と態度と体型 足のトレーニング 口腔のトレーニング すべて姿勢反射、皮膚反射と言われる カラダのすべてに存在する センサーの機能を呼び戻す方法 現代生活で便利になったおかげで 様々な病気が起こって そり病気の治療のために 多くの経済が破壊されていく。。...

身長伸ばしダイエットという 本にも出させていただいた 身長がその場で伸びる 多い人だと、数センチ。 今回も大阪での姿勢咬合セミナーでは 全員が行ってもらい。。 全員が、身長が伸びることを体験してもらった 今まで多くの理論と、トレーニングがあるが 呼吸と嚥下を整える方法としては 家族で行って頂く コミニケーションツールとしては この背中のばしと笑いのテクニックを 併用した、 内臓機能を整える方法は、 世界でも初めて 脊柱湾曲症で悩む子どもたちが増えている 脊柱湾曲症は 親の抱き方から始まる 姿勢の問題による 内蔵の機能と位置関係の異常による 脊柱の異常 8歳くらいまでなら こんな体操を学校で 家で、行うだけで 多くの子供達が救える...