未来歯科 | 睡眠力
究極の予防歯科、それは生まれる前から始まります。未来歯科は治療の無い世界を目指しています。姿勢から歯並びを良くしていく歯科医院です
89
archive,category,category-sleep,category-89,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

睡眠力

咬合と大きく関係する 睡眠の時間。。 この時間に 実は、歯には、大きな矯正力が働いているのです 姿勢という、 地球上で最も大きな力重力が 作り上げた 筋肉が重力に負けてしまった 状態が 悪い姿勢です。 歯を動かす力の 数百倍とも、数千倍とも言われる 大きな力が 重力です。 重力は体重分の移動があります。 そして矯正力は、 本の数グラムの弱い力の 持続した時間によって 構成されるのです。 この最も大きな力となる持続した時間 睡眠 この時間の 咬合をコントロールできるのが かわべ式枕の作り方 バスタオルで 毎日作り上げるという 数分程度の作業で なんと、 上を向いて寝ても 呼吸と飲み込みが 自然とできる枕が出来てしまうのです そま原理を学ぶのも 姿勢咬合というドクターコースでの セミナーのあり方です。 たった一瞬 高さがあった頚椎枕ができれば スリットをいれるだけで 上を向いても ちゃんと 咬合は 下顎前方位をとり 口腔内ボリュームが増すわけです この枕に寝ると 瞬時に、咬合は、 大臼歯が当たらなくなりますが 平らにして 横を向いて寝られる枕に戻すと 奥歯がガンガンあたってしまう つまり食いしばり現象が起こるのです。 歯が抜けてしまう程の 持続的な力がかかる 夜の奥歯が接触する癖は ブラキシズム 食いしばり 低位咬合、 低位舌 TCHと呼ばれる 舌に対しての歯形まで 作ってしまうのです 20年以上前に出来上がった バスタオル枕 その枕に咬合という概念から 呼吸と、嚥下をコントロールする睡眠という 意味をもたせているのが 姿勢咬合で伝える 枕の作り方です オリジナルな バスタオルも完成し。。 皆様にお伝えしていくのが 睡眠力セミナー そして、ドクターコースとしての 姿勢咬合では 様々な角度から 成長にも 睡眠にも 矯正にも 咬合にも大きく関係する 夜の口腔内ボリュームを コントロールする器具としての 枕の作り方を指導しています。 土日に行われて できる衛生士になる セミナーでは 歯科医院のスタッフの方が ドクターではないスタッフの方が 噛み合わせを ゲスト自身が良くしていく つまり 歯並びの子供成長矯正に 必要な知識と、トレーニングを指導することで ゲストがどんどん良くなっていく しかもその場で 歯を削る道具無しで かみ合わせが良くなっていく さんな様々な考え方 トレーニングを学んでいくのです。 [caption id="attachment_5659" align="alignnone" width="300"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]  ...

睡眠力の枕の作り方は すでに、20年以上になります。 噛みあわせの問題が夜に起こるということは 咬合を扱っていいる先生方なら、誰でも知っていることです。 意識レベルの姿勢の問題が 無意識レベルの歯ぎしりとか、 いびきとか、口腔乾燥などにも大きく関わっています。 今までの枕はせいぜい 横を向いても、呼吸と嚥下ができるという枕でした。 寝返りも正常な、無意識レベルの問題だとされていました。 そして、内臓の異常をきたすのも 歯並びの問題を起こすのも 横に向いて寝てしまう姿勢だと言われるようになりました。 ということは、 寝返りって一体何なのでしょうか。 そして、どうして寝返りをうつのでしょうか。 寝返りをうたないことの問題は 長時間という時間を寝ている人のみに起こることです。 寝返りの問題は 赤ちゃんが、 レム睡眠、つまり睡眠状態に入っていない状態であることがわかってきたことから 寝返りをうつのは、環境が変わるからで、 決して、睡眠には関係ないということが、 わかってきたことからでした。 今までの常識という枕の形状は 上を向いて寝ることで 正常な呼吸と嚥下が出来ない状況に置かれるからだということを 睡眠力枕では 世界で初めて体験し実証いたしました。 枕で上を向くと 下顎が下顎前方位をすぐにとるという状況になるのです。 つまり口腔内ボリュームが増し 安静空隙を創り上げるという 枕の理論を作り上げたのが、 寝て起きてもスリットが残っていることで 呼吸と嚥下が、寝ている状態で 初めてできるという枕なのです。 拙著の一つ 身長伸ばしダイエットという本にも 載せた 現在の睡眠力枕の始まりの スリット入りの枕は その後も 検証に検証を重ね 現在の 赤ちゃん用枕 子供用枕 男性用枕 そして女性用枕と 同じ形状に見える枕でも 全てフルオーダーでできる指導のもとに出来上がるキットを 作り上げました。 枕の素材も、形状も 全てオーダーで 作り上げます。 今まで、睡眠時無呼吸と言われ続けた方も その日から改善される方も多く 食いしばりの問題も いびきなどの問題も この枕があると その問題も解決できるのです。 その上での、 トレーナーシステムの必要性を解いていきます。 睡眠に関わる、3つのステージのことを 枕の作り方の フィードバックを行うとともに 学んで頂くセミナーです。...

睡眠力セミナーは 咬合の改善の夜のスプリントとして 枕で改善できないのかとい発想から始まった すでに25年以上前からのテーマで 現在の形になったのは、 10年程前から。。 女性用、男性用、赤ちゃん用、子供用と寝たきりの方々用 全てを網羅する 枕のシステムが 実は、咬み合わせ、歯の矯正に最も必要な 夜の筋肉のトレーニングと 呼吸と嚥下という問題に対応する 世界で唯一の理論を作り上げた 過去には、著名な歯科医師も習いに来て 私の枕作りを雑誌等に あたかも自分のものの様に載せた事もあった 私が作り上げた姿勢咬合理論に基づいた枕は 今や多くの先生方も使い始めている そしてエステ、鍼灸、柔整、整体、看護師、助産婦なども使い始め セミナーを始めたところもある 歯科医院では、これだけで咬合が良くなるという歯科医師まで出始めている いびきも、無呼吸も数回の枕作りのトレーニングで 自分にあった枕でその日から良くなり始める なぜか セミナーの時に、すでに自分の身体か瞬時に変わることも体験するから そして、素材も提供できるから。。 この枕(マルケンピロー)は、完全に自分で作るフルオーダーメイドの枕 人生を変えてしまう瞬間が 睡眠力セミナー...

子どもたちが、仕事をしていない だから眠れない だから、食べられない 唇、目、顔と姿勢を見て 子どもたちを育てることは 食べるのではなく 食らう、食いに行く というパターンを最初に 身体でつかむ 時間になったら与えるのは 人生の最初の生後二ヶ月から三ヶ月 顔の発育、 身体の発育を見ながら 成長を診ていく・・ 子どもたちの成長は 未来歯科に来院する一日から変わり始めるのがわかる 子どもと接するときの親の発音 触れ方 唇の触れ方、どこからおっぱいの先が入り 子供が食らいついてくるのか。。。 おっぱいの与え方は、唇を見て 親の姿勢をみて決める 目線の角度の延長には 親がいる 親がいる位置は 子供を育てる位置なのか 子供を成長させる位置なのか そんなことで 子供の表情は大きく変わる・・ 呼吸と嚥下のプログラムを指導するのは 子供ではなく親 食らうということを知らなかった この子供も 大きな物を与えると食らう 原始反射 姿勢反射を使った子育ては。。 食べ方まで 指導できるとし 食べ物も指導できる。。 間違った栄養学ではなく 活きるための 元気になるための 食らう、食べる、消化する、排泄する というパターンと 食べ物の流れ 消化酵素の活躍 そんな事も考え 口腔内を診ていく そして口腔を育てる 子どもたちの表情を診ていく 泣く、よく泣く でも 泣き続かせたことはない親が多い この問題は住宅事情と言われるが そうではない。。 泣かせた後に笑顔と食らうという 反射を行うことが多い。。 仕事をするから原が減る 多くの子供達は、 口元を目一杯開けて泣くことは無い ヒーヒーと栄養失調の子どもたちの泣き方をする 声をだす 息を吸いながら声をだすことは出来ないが 赤ん坊で、抱くと身体を反る子供は 逆に、泣くときに腹が立つ だからお腹ポッコリ。。 反り腰の若者も 痩せているのにお腹ポッコリ。。 泣くのも、仕事 でもどうやって泣くのを見ていられるかを知らない だから、成長に合わせた抱き方で 呼吸をよくしようとする姿勢をすると 呼吸が出来ないのがお腹ポッコリで反って泣く という逆式嚥下と、逆式呼吸の子どもたち 親の抱き方を良くすると。。 泣く、しばらく泣き方を見て 顔の表情、涙 そして、口の開け方 顔色、そして姿勢を見ながら 観察し トキを見計らって 高音域の音と共に 気をそらすと 泣き止む。。というよりも諦める 今までは親は寝たきり老人の都合の良い呼び出しスウィッチの様なもの ひどい子供は、一時間ごとに泣くというスウィッチを押す そしておっぱい、24時間・・24回、、、親は ほとほと疲れる・・嫌になる。。 未来歯科に連れてくる 泣かせることが仕事だと・・ できれば、笑うことが仕事の子供に育てたらと。。 人生の最初の時点で 子供の仕事を変えることは、 人生の最初で全てが変わる。。。 そのためには、 親が笑い続けることができるかどうか。。 そのトレーニングから始まる 子供の人生を変えることは 親の人生も変えることが必要 今の子供の問題は、 親の問題が大きくなっただけ。。 子どもたちが元気になる姿は 同時に親も元気になる...

たった、 靴一つ、紐の結び方一つで 人生が変わってしまうくらいの 出会いがあります。 歯並びにも大きく関係します。 25年以上 靴紐の結び方も 足の裏のマッサージも 行ってきました そして、未来歯科では、子どもたちの足のトレーニングと 靴も一緒に合わせて 歯並びのトレーニングの一つにしています。 成長に合わせた椅子の作り方 何も椅子を買ってこなくとも、 成長に合わせて加工すればずっと使える 枕もどんどん成長に合わせて 成長する枕。。 噛み合わせを良くする枕...

土曜日は、未来歯科は 一年先まで予約が一杯という状況です。 5歳位から。。 今まで、何年もかかっていたMRCシステムも 今では、最初の一年で 殆どの子どもたちが方向性を見いだせるくらいまで トレーニングも様々ななりました。 ゼロ歳の早期から始めた子どもたちは 4歳半くらいまでには 一つの方向性が得られることまで 結果が出始めてきました。 子どもたちの、 靴選びも 子どもたちのトレーニングも MRCのアプリ以外のことが多くなり アプリは、家で行ってもらい 練習の結果を診ていくまでになりました。 足をしっかりトレーニングする 姿勢をトレーニングする 歩き方で、割り箸を使ったり 噛み方で、綿棒で反射を使ったり ポールトレーニングもトレーナーを入れて様々な トレーニングになってきました。 扱っているのが、 呼吸と嚥下の問題ですから。。 最近は、ちょっと大きな子どもたちも増えています。 矯正してきたけど。。 歯並びはイイんだけど。。 かみ合わせが悪い・・ そんな子供さんたちにも ジャンプ、歯根膜反射 そして舌の反射、頬粘膜の反射 そして、頸反射 脊柱反射などの反射機能を使って 歯を調整せずに 噛み合わせを良くしていきます。 マルケンBANBANの様々な使い方に 歯科医の先生が子供さんを 連れていらっしゃる前でも 行い マルケンBANBANの使い方を改めて 実感していらっしゃることも多くなりました。 未来歯科にいらっしゃる方の多くは 歯科医師の子供さんが多く その問題を一緒に解決することで トレーニングを学んで頂くことも多いのです。 どんな子供さんも、現代生活では 便利すぎて、 成長と発育の問題を起こします。 一緒に考え、行動することで 子どもたちの未来は大きく変わります。 一ヶ月後でも 保育園、学校の参観会があると。。。 良かった。。うちのこ。。 うちの子だけがいいんです。、 口閉じてる。。姿勢もちょっと良い。。 たった一回の二時間ちょっとの初診で こんなに良くなるんですねと。。 奇跡の初診ですよね。 人生は、自分の事をちょっと知ると大きく変わる 自分のことってこんなに知らなかったんだって 実感する瞬間です。  ...

どうして、矯正でマルケンBANBANが必要になったのか 毎回、30度に乗れるかどうか そして、趾がしっかり着くかどうか その時の姿勢は、 30度しっかり乗れない子どもたちは 矯正が終わっても また元に戻ってしまう。。。 逆に30度しっかり乗れる子どもたちで 足がしっかり着く子どもたちは 数ヶ月で結果がよくなる 重力は どれぐらいの力ですが。。。 体重分の移動の力が重力です。 そしてそのための筋力は 足の着地からのバランスによって決まります。 立つ、座る、歩く、走る 全て地面にしっかり 足が着くようにすることから始まります。 もちろん、噛み合わせの治療も 睡眠も、心の問題も 身体の問題も ここから始まります。...

歯科医療の中で 予防は、教育としての分野が大きく 医療としての治療の歯科医療と 予防の一部としての、知識と、知恵 そして全身の中の口腔という分野で考えると 教育としての新しい歯科医療の必要性が浮かび上がってくる 子供成長矯正を行えば行うほど 教育としての成長発育を 定期的に、健全に行えば その結果は、素晴らしい 虫歯も、歯周病も、歯並びも 今や、学校教育以上に子どもたちの能力を 向上させることができる分野であることは確か 語学に置いても身体能力においても 勉強という特別な時間ではなく 成長の時間で、自然と獲得できる分野だと 科学はすでに説いていいる 矯正は、MRC以前のトレーニングを行うと 治療ではなく、教育としての 育児としての、分野の、 スクールとしての形式の必要性をひしひしと体験する この子どもたちが学校だと思って お母さんたちと一緒に、来てくれたら。。 未来は大きく変わる そして診療台も無い 歯科教育は、どの場所でも可能になってくる。 歯科にとどまらないのが予防で 全身の疾患の予防には最も大きく貢献できるのが予防だが 家庭でのセルフケアを実際に 教育として行ってくれるところは無い。 年齢、状態に合わせて 今までは予防が行われていたが 英才教育でもない 元気な子どもたちと 元気な社会を作り上げる 教室が、常時時間帯で存在する様になれば、 素晴らしいスクール形式の全身と歯科教育が出来上がる ゼロ歳児から、妊娠中から。 妊娠前から。。家族全員が 歯科医療ではなく 全く医療機関と離れたところで 教育をうけることで 予防は確実に社会に浸透すると 実感する この成長を勝ち取る、教育は、 たった数ヶ月で、成長に合うトレーニングと 家族と本人の努力で 結果を見始める 今までの矯正ではありえないスピードで しかも 元気になっていく 目が輝いてくる。。 目指すのは決して良い歯並びではなく 未来の向けての正しい知識と 素晴らしい素敵な姿勢での笑顔。。 教育としてのスクール形式の 口腔と全身の歯科教育を本格的に来年度から始めます。 唇からの抱き方教室も 睡眠力セミナーも この一環として 現在行っています。 この方たちが継続的に 自分の健康と良い口腔を作り上げていただくのは セミナーの後の 継続的なトレーニングの必要性です。 来年3月から、医療ではなく、人間教育としての ゼロ歳からのスクールを今までの 30年以上の予防の経験から始めます。...

大阪の姿勢咬合は、 未来歯科の新人スタッフたちが トレーニングを指導しています。 みんな、診療で数ヶ月で 結果が出始めるから 楽しくってしょうがないのです。 仕事が敵だから ゲストの笑顔が見られる ゲストの笑顔が見られない時は 合う人なのか、合わない人なのか 自分のハードルを乗り越えられる人か 他人に頼ってしまうのか そんなことも たまにはディスカッシンします。。。 未来歯科が 楽しいのは 教育としての医療があるからです。 教育の方が 数年経つと結果が明らかに違う 場合によっては相手次第だが 数ヶ月で結果が全く違う。。 今をゲストともに喜び これからをもっと良くしていく そのちっょと頑張るハードルを作るのが 私達の仕事であり ゲストとの喜びでもあるのです。 笑顔の向こうには 最高の笑顔があルンです。 未来歯科のスタッフたちは 姿勢咬合が 簡単とかではなく、 今までの治療の歯科医療とは全く別 育てる医療だと 本質を説いています。...

今回大阪の姿勢咬合では 以前参加されていた先生もいらしています。 その先生が 絶賛 未来歯科のスタッフ 歯科衛生士でもない スタッフが 姿勢咬合わ先生方に指導しているのです。。 睡眠力 そしてマルケンBANBAN 姿勢の指導 飲み込み 舌運動。。。。 歯並びのことまで そして、他で衛生士してきた スタッフもまだ数ヶ月のスタッフも 一年しかたっていないスタッフも セミナーしている・・・ すごい。。 まだ、スタッフは、 方向性の違うことの質問には答えられませんが 先生方の、姿勢咬合に対する質問には、 答えていたようです。 もちろん、その会話の間にも チーフスタッフは、ちゃんと管理しています。 お門違いな歯科医師は そんな勤務して、数カ月のスタッフに 自分の質問を投げかけてくる 普通の歯科医師ですら答えられないことに対して 姿勢咬合の方向性をもった質問にはスタッフも答えていますが 持論に対しての回答には、 答えられるはずもない あまりにもセミナーができるスタッフに対して 歯科医師は勘違いしていることも多い 誰に質問しているのか。。 問題を履き違える歯科医師には閉口することもある それくらい スタッフは育っていいる 正しい方向性と 現実に多くの方が帰りには元気になっていく 姿を見ているから スタッフは仕事に対して ワクワクしている たまには、方向性が違う方がいらっしゃると 私の出番になることは確かですが。。 人間関係の問題なのか 目標に対しての問題なのかを 履き違えている場合には 私が対応する。。 人は、好き嫌いでしか行動をとっていないから 未来歯科のスッが育つには 診療が終わっても みんな遅くまで、ディスカッションしている 自分たちの仕事を楽しくすために いらっしゃるゲストが幸せになれるように。 姿勢咬合では、世界に誇れるスタッフたち。。...